Original
Live
Demo
Compilation
Cover
Solo/Side Project
Others
Video
CLUB DEVO
…公式サイト。彼らの最新情報や各種退化グッズ、タブ譜など、欲しいもの何でも手に入る。
When Pigs Fly
…一見胡散臭いオムニバス盤ですがDEVOが一曲提供しています。クロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤングの 『Ohio』 をカバー。
Booji Boy's Basement
…DEVOの海賊盤データベースサイトの総本家、 「DEVO Bootleg Archives」 がリニューアル。相変わらずこっちが心配になるぐらい集めまくってます。
Hosted @ Sound.Jp
Q:Are We Not Men? A:We Are DEVO!
頽廃的美学論




[上] Warner(米)盤
[下] Virgin(英)盤
※プロデューサーにブライアン・イーノ、エンジニアにコニー・プランクというニューウェイヴ史上最強の布陣で制作された1stはドイツ・レコーディング。ギターメインのパンキッシュなサウンドでありながら非人間的なリズム解釈、フレーズ・サンプリングの概念を完全に先取りした引用術、ロボット的なアクションによる演奏、奇天烈なヴィジュアルなど、あらゆる面で前例のない彼らの登場は新しい時代の到来を強烈に印象付け、洋の東西を問わず世界中のミュージシャンにインスピレーションを与えまくった(「群馬でDEVOは強力でしたよ」 布袋寅泰・談)。まさにニューウェイヴの代名詞的名盤だが、メンバー自身はイーノのやや演出過剰気味なプロデュースワークに難色を示しており、本作以降両者の接点は今に至るまで無い。
* RELEASE DATA *
[LP] Warner Brothers BSK 3239 1978 (01-11)
Virgin VP 2106 1978 (01-11)
[CD] Warner Brothers 3239-2 1987 (01-11)
Warner Pioneer WPCP-4169 1991 (01-11)
Warner Music Japan WPCP-12948 2008 (01-11)
01
Uncontrollable Urge
02
( I Can't Get No ) Satisfaction
03
Praying Hands
04
Space Junk
05
Mongoloid
06
Jocko Homo
07
Too Much Paranoias
08
Gut Feeling ( Slap Your Mammy )
09
Come Back Jonee
10
Sloppy ( I Saw My Baby Gettin' )
11
Shrivel-Up
Duty Now for The Future
生存学未来編




[上] Warner(米)盤
[下] Virgin(英)盤
※デビッド・ボウイの代表作 『ジギー・スターダスト』 のプロデュースで知られるケン・スコットをプロデューサー兼エンジニアに迎えてロサンゼルスでレコーディングした2nd。基本的には前作の路線を踏襲しながらもシンセサイザーやシンセベース、ボコーダーなど電子楽器の比率が上昇、前作に感じられた妙な硬直感がなくなり、疾走感すら感じさせる仕上がりに。また、本作のリリースに合わせて待望の初来日を果たし、伝説の武道館公演を敢行。その余勢を駆ってあらゆるメディアに露出し、日本におけるテクノポップ・ムーヴメントの火付け役となったのだった。
* RELEASE DATA *
[LP] Warner Brothers BSK 3337 1979 (01-13)
Virgin V2125 1979 (01-13)
[CD] Warner Pioneer WPCP-4170 1991 (01-13)
Infinite Zero 9431112 1996 (01-15)
Collectables COL-CD-6554 2005 (01-13)
Warner Music Japan WPCR-12949 2008 (01-13)
01
Devo Corporate Anthem
02
Clockout
03
Timing X
04
Wiggly World
05
Blockhead
06
Strange Pursuit
07
S.I.B. ( Swelling Itching Brain )
08
Triumph of The Will
09
The Day My Baby Gave Me Surprize
10
Pink Pussycat
11
Secret Agent Man
12
Smart Patrol/Mr.DNA
13
Red Eye
14
Soo Bawlz
15
Penetration in The Centerfold
Freedom of Choice
欲望心理学

※テルミンなど電子楽器へのアプローチに積極的だった60年代のヒッピー・バンド、ローザー&ザ・ハンド・ピープル(Lothar and The Hand People)のプロデュースやスティービー・ワンダーのテクニカル・サポートなどで知られるロバート・マーグレフとの共同プロデュースで制作された3rd。ビジュアル・サウンドともに前作までのスタイルを一新、シンプルで捻りの効いた8ビートとベースラインを軸に極限にまで切り詰められたシャープなサウンド・プロダクションは、ジャケットに見られるビジュアル・コンセプトともども我々が抱きがちな 「テクノ・ポップ」 のイメージにかなり接近した印象。シングルカットされた "Whip It" は100万枚を超えるDEVO史上最高のセールスを記録した。
* RELEASE DATA *
[LP] Warner Brothers BSK 3435 1980 (01-12)
Virgin V2162 1980 (01-12)
[CD] Warner Brothers 3435-2 1984 (01-12)
Warner Pioneer WPCP-4171 1991 (01-12)
Warner Music Japan WPCP-12950 2008 (01-12)
01
Girl U Want
02
It's Not Right
03
Whip It
04
Snowball
05
Ton O' Love
06
Freedom of Choice
07
Gates of Steel
08
Cold War
09
Don't You Know
10
That's Pep!
11
Mr.B's Ballroom
12
Planet Earth
New Traditionalists
ニュー・トラディショナリスツ




[上] Warner(米)盤
[下] Virgin(英)盤
※アンケートで選出したエンジニアを起用し、初の完全セルフ・プロデュースで制作された4th。ソウル/ファンク的なグルーヴへの傾倒とリン・ドラムの導入によって複雑化したリズムをベースに展開されるサウンドは、EZリスニング・シリーズのエッセンスもほんのり漂うニューウェイヴィーなエレポップといった趣だが、マスタリングの失敗によって予定外の厚みを増しウォール・オブ・サウンド状態に。ジェリイのボーカル曲がマークより多く収録されていることもこのアルバムの異質感にひと役買っている。
* RELEASE DATA *
[LP] Warner Brothers BSK 3595 1981 (01-10)
Virgin V2191 1981 (01-10)
[CD] Warner Pioneer WPCP-4173 1991 (01-11)
Infinite Zero 9431112 1996 (01-13)
Collectables COL-CD-6555 2005 (01-10)
Warner Music Japan WPCR-12951 2008 (01-11)
01
Through Being Cool
02
Jerkin' Back 'N' Force
03
Pity You
04
Soft Thing
05
Going Under
06
Race of Doom
07
Love Without Anger
08
The Super Thing
09
Beautiful World
10
Enough Said
11
Working in The Coal Mine
12
Mecha-Mania Boy
13
Nu-Tra Speaks ( New Traditionalist Man )
oh, no! it's DEVO
オー・ノー!ディーヴォ

※クイーンやカーズ、フォリナーなどを手掛けた売れ線プロデューサー、ロイ・トーマス・ベイカーをプロデューサーに迎えた5th。比較的おとなしめだった前作から一転、エレクトリック・パーカッションによる変則的なダンス・ビートに躍動的なベースライン、カラフルかつ不気味なシーケンスパターンが絡み合うという、テクノポップとニューウェイヴとエレポップが三位一体となったようなサウンドを全面展開しており、石野卓球を始め本作を最高傑作に推す声も多い。Warner盤のみ裏ジャケの切り込みを組み立てるとジャケット盾になるという特殊仕様だった。
* RELEASE DATA *
[LP] Warner Brothers 1-23741 1982 (01-11)
Virgin V2241 1982 (01-11)
[CD] Warner Pioneer WPCP-4174 1991 (01-11)
Infinite Zero 9430242 1996 (01-17)
Collectables COL-CD-6552 2005 (01-11)
Warner Music Japan WPCR-12952 2008 (01-11)
01
Time Out for Fun
02
Peek-A-Boo!
03
Out of Sync
04
Explosions
05
That's Good
06
Patterns
07
Big Mess
08
Speed Racer
09
What I Must Do
10
I Desire
11
Deep Sleep
12
Part of You
13
Find Out
14
Peek-A-Boo! ( Dance Velocity )
15
Peek-A-Boo! ( Devo Dub )
16
Here to Go ( Go Mix Version )
17
Here to Go ( Here to Dub Version )
Shout
シャウト

※2年振りの6th。フェアライトCMIやイミュレーターなどデジタル・サンプラー&デジタル・シンセを大挙導入し、当時の最先端だったサンプリング・サウンドを追求した内容。往年の変態ビートは見る影もないが、ボブ2号入魂のミキシングによって音響面での変態性を強調した 「デジタル世代のサイケデリック・サウンド」 をクリエイト。ヴィデオクリップともどもヤケクソとも思える巨費が投じられた本作だったが、セールス的には惨憺たる結果に終わり、ついにワーナーから三行半を突きつけられた彼らは本作を最後に無期限の活動停止状態に突入する。
* RELEASE DATA *
[LP] Warner Brothers 25097-1 1984 (01-10)
[CD] Warner Pioneer WPCP-4175 1991 (01-10)
Infinite Zero 9430942 1996 (01-12)
Collectables COL-CD-6553 2005 (01-10)
Warner Music Japan WPCR-12953 2008 (01-10)
01
Shout
02
The Satisfied Mind
03
Don't Rescue Me
04
The 4th Dimension
05
C'mon
06
Here to Go
07
Jurisdiction of Love
08
Puppet Boy
09
Please Please
10
Are You Experienced?
11
Growing Paints
12
Shout ( E-Z Listening Muzak Version )
Total Devo
トータル・ディーヴォ

※4年の沈黙を破り突如復活を遂げた彼らが、自身のスタジオ 「ディーヴォランド」 で制作した7th。DEVO史上最低を記録した制作費をものともせず、前作同様フェアライトCMIなどのデジタル機材を総動員。 "Digital Cartoon" と銘打たれたそのサウンドは、しかしディスコ・サウンドのエッセンスを散りばめつつもいつになくウェットなメロディーを多用し涙腺をチップ気味に刺激するアダルト・オリエンテッドな感触に。そんな中、プレスリーのフザけたカバーが一際異彩を放つ。
* RELEASE DATA *
[LP] Enigma DI-73303 1988 (01-12)
[CD] Enigma D2-573303 1988 (01-13)
Alfa 32XB-279 1988 (01-13)
Restless 772756-2 1994 (01-16)
01
Baby Doll
02
Disco Dancer
03
Some Things Never Change
04
Plain Truth
05
Happy Guy
06
Don't Be Cruel
07
The Shadow
08
I'd Cry If You Died
09
Agitated
10
Man Turned Inside Out
11
Sexi Luv
12
Blow Up
13
Some Things Never Change ( Cassette Version )
14
Baby Doll ( Extended Mix )
15
Disco Dancer ( 12" Version )
16
Agitated ( Hyperextended Mix )
smoothnoodlemaps
ディーヴォのくいしん坊・万歳

※復活以来契約していたエニグマ・レーベルが倒産し、キャピトル・レコードに吸収されてしまった為、図らずも久々に大手からのリリースとなった8th。折り畳み式ジャケットのインパクトも強烈だが、音の方もジャケットのイメージ通り、どことなくスペイシー。前半に妙にキャッチーな曲を並べておいて、聴き進むにつれて持ち前の変態性がじわじわと顔を覗かせるというたちの悪さもさる事ながら、アナログシンセの復権やアコースティックギター、生ピアノの導入など、正に宇宙空間の如くあらゆる方向にベクトルを伸ばしたサウンドアプローチも圧巻で、個人的には本作で 「DEVO完全復活」 を確信したものだが、結局本作発表後のヨーロッパ・ツアーを最後にパーマネントな活動を停止してしまった。
* RELEASE DATA *
[LP] Enigma DE12008-1 1990 (01-11)
[CD] Enigma 773526-2 1990 (01-11)
Toshiba EMI TOCP-6263 1990 (01-11)
Restless 7727572 1994 (01-14)
01
Stuck in A Loop
02
Post Post-Modern Man
03
When We Do It
04
Spin The Wheel
05
Morning Dew
06
A Change Is Gonna Cum
07
The Big Picture
08
Pink Jazz Trancers
09
Jimmy
10
Devo Has Feelings Too
11
Dawghaus
12
Post Post-Modern Man ( Macro Post Modern Mix )
13
Post Post-Modern Man ( Neo Post Modern Mix )
14
Post Post-Modern Man ( Ultra Post Modern Dub )
Back Home