Mark ... vo, syn, g
Jerry ... b, syn, vo
Bob-1 ... g, vo
Jim ... per
Bob-2 ... g, syn, vo
Alan ... per
David ... per
Josh ... per
1. Be like your ancestors or be different. It doesn't matter.

2. Lay a million eggs or give birth to one.

3. Wear gaudy colors or avoid display. It's all the same.

4. The fittest shall survive, yet the unfit may live.

5. We Must Repeat.

CLUB DEVO
…公式サイト。彼らの最新情報や各種退化グッズ、タブ譜など、欲しいもの何でも手に入る。
Mutato Muzika
…マーク、ボブ1号、ボブ2号が中心となり設立された音楽制作プロダクション 「ミューテイトー・ムジカ」 の公式サイト。
Bad Company Films
…ジェリイもその名を連ねる映像制作集団 「バッドカンパニー・フィルムズ」 の公式サイト。彼のディレクトしたヴィデオクリップが鑑賞可能です。要QuickTime5↑。
numbersband.com
…ジェリイがDEVO結成前に在籍していた 「ザ・ナンバーズ・バンド」 の公式サイト。ジェリイ在籍時のアー写が一枚あります。
SPARKS : A Good Spark Is Hard to Find
…DEVO脱退後のジムがレコーディングに参加し、DEVO加入前のデビッドが在籍した変態モダンポップの雄、スパークスの公式サイト。
Joshfreese.com
…ジョシュ・フリーズの公式サイト。現在工事中。
Interview : Deborah Gee
…女性シンガーソングライター 「デボラ・ジー」 のインタビュー。レコーディングに参加したアランについて言及しています。彼女の公式サイトはこちら
Hosted @ Sound.Jp
Mark Mothersbaugh
マーク・マザーズバー

※通称マーク(voice, synthesizer, mutant-guitar/1974−now)。実質的なDEVOのリーダー。ケント州立大学在学中にジェリイと運命的な出会いを果たし、自主映画の制作に着手。そのサウンドトラック制作の為に結成されたバンドこそが後のDEVOである(当初は "Sextet Devo" という名前だった)。80年代後半からはスタジオミュージシャンとしても活動し、また映画 『Back to The Future』 出演のオファーをあっさり断るなど俳優としても活躍。90年のDEVO活動停止後は、音楽制作会社 「ミューテイトー・ムジカ(Mutato Muzika)」 を設立し代表に就任。数々の映画やCMの音楽を手掛ける。2001年、「北海岸のサーフ・ミュージック」を標榜する新バンド 「ワイプアウターズ(Wipeouters)」 結成。
1979 Hugh Cornwell/Robert Williams - Nosferatu
1981 Debbie Harry - Koo Koo
1982
Jermaine Jackson - Let Me Tickle Your Fancy
Robert Williams - Late One Night
1983 Tachibana Hajime - Hm
1986 Martini Ranch - Labouring Man
1987 Negativland - Escape From Noise
Tachibana Hajime - Beauty & Happy
1988 Martini Ranch - Holy Cow
1997 David Byrne - Feelings
Moog Cookbook - Ye Olde Space Band
1998 Robert Williams - Date with The Devels Daughter
1984 Tachibana Hajime - Mr. Techie And Miss Kipple
1986 [tv] Pee-wee's Playhouse
1987 [movie] Revenge of the Nerds II : Nerds in Paradise (ナーズの復讐U/ナーズ・イン・パラダイス)
1988 [movie] Slaughterhouse Rock
1991 [tv] Davis Rules
[tv] Liquid Television
[tv] Rugrats
1992 [video game] Sewer Shark
[video] Arise! The SubGenius Video
[tv] Mann & Machine
[tv] Frosty Returns
1993 [movie] Down on The Waterfront
[tv] South Beach
[tv] Bakersfield, P.D.
[tv] Beakman's World
1994 [tv] Edith Ann : A Few Pieces of the Puzzle
[tv] Hotel Malibu
[movie] It's Pat
[movie] The New Age
1995 [tv] Santo Bugito
[movie] Flesh Suitcase
[tv] Dumb and Dumber
[tv] The Courtyard
[tv] Sliders
[tv] Strange Luck
[tv] If Not for You
[tv] Too Something
1996 [video game] Crash Bandicoot (クラッシュ・バンディクー)
[movie] Happy Gilmore (俺は飛ばし屋/プロゴルファー・ギル)
[movie] Bottle Rocket (アンソニーのハッピー・モーテル)
[tv] Class Reunion
[movie] The Big Squeeze
[movie] The Last Supper (最後の晩餐/平和主義者の連続殺人)
1997 Tachibana Hajime - Low Power
[movie] Bongwater
[tv] Fired Up
[tv] Quicksilver Highway
[video game] Crash Bandicoot 2 : Cortex Strikes Back (クラッシュ・バンディクー2 コルテックスの逆襲!)
[tv] Working
[tv] Unwed Father
[movie] Best Men (リスキー・ブライド/狼たちの絆)
[movie] Men (インモラル・シェフ)
[movie] Breaking Up (ターニング・ラブ)
1998 [video game] Crash Bandicoot 3 : Warped (クラッシュ・バンディクー3 〜ブッとび!世界一周〜)
[tv] Stories from My Childhood
[tv] The Mr. Potato Head Show
[movie] Last Rites
[movie] 20 Dates
[tv] Principal Takes a Holiday
[tv] Dawson's Creek
[movie] Rugrats : The Movie
[movie] Flying with The Angels
[video] The Wacky Adventures of Ronald McDonald : Scared Silly
[tv] Halloweentown
1999 [movie] Rushmore (天才マックスの世界)
[video] The Wacky Adventures of Ronald McDonald : The Visitors from Outer Space
[movie] Dead Man on Campus (デッドマン・オン・キャンパス/自殺志願者を探せ!)
[tv] Rocket Power
[video game] Interstate '82
[video game] Crash Team Racing (クラッシュ・バンディクー・レーシング)
[tv] Can of Worms
[movie] Mystery Men (ミステリー・メン)
[movie] Drop Dead Gorgeous (私が美しくなった100の秘密)
[movie] All The Rage (イッツ・ザ・レイジ)
[movie] 200 Cigarettes (200本のたばこ)
2000 [movie] Grass
[movie] The Adventures of Rocky & Bullwinkle
[tv] Clifford The Big Red Dog
[tv] The Other Me
[tv] Grosse Pointe
[tv] Tucker
[movie] Rugrats in Paris : The Movie
2001 [movie] Sugar and Spice (クライム・チアーズ)
[video game] Crash Bandicoot : The Wrath of Cortex (クラッシュ・バンディクー・カーニバル)
[movie] Camouflage
[tv] Rugrats : Still Babies After All These Years
[movie] The Royal Tenenbaums (ザ・ロイヤル・テネンバウムズ)
[tv] Halloweentown II : Kalabar's Revenge
[video game] Jak and Daxter : The Precursor Legacy
2002 [movie] Sorority Boys (女子寮潜入大作戦!ソロリティー・ボーイズ)
[movie] Welcome to Collinwood (ウェルカム・トゥ・コリンウッド)
[tv] Hidden Hills
[tv] MDs
[tv] Sonic Cinema
[movie] Cheats
[tv] Second String (ミラクル・タッチダウン)
2003 [movie] A Guy Thing (オトコのキモチ♂)
[movie] Thirteen (サーティーン/あの頃欲しかった愛のこと)
[movie] Rugrats Go Wild!
[tv] The Even Stevens Movie
[tv] Rugrats : All Grown Up
[movie] Good Boy! (惑星「犬」。)
[video game] Jak II
2004 [movie] Confessions of A Teenage Drama Queen (彼女は夢見るドラマ・クイーン)
[cm] Fuji Film
[video game] Jak V
[movie] Envy (隣のリッチマン)
[tv] Lax
[video game] The Sims 2
[video] Popeye's Voyage : The Quest for Pappy
[movie] The Life Aquatic with Steve Zissou (ライフ・アクアティック)
2005 [movie] Herbie : Fully Loaded (ハービー 機械じかけのキューピッド)
[movie] The Big White (ビッグホワイト)
[movie] Lords of Dogtown (ロード・オブ・ドッグタウン)
[movie] The Ringer (リンガー! 替え玉★選手権)
[movie] First Descent: The Story of the Snowboarding Revolution (ファースト・ディセント)
2006 [video game] The Sims 2 : Open for Business
[tv] Big Love
[movie] How to Eat Fried Worms
[movie] The Dog Problem
[video game] The Sims 2 : Pets
2007 [video game] MySims
[video] Nothing But The Truth
[movie] Mama's Boy (ママ男)
2008 [tv] Courtroom K
[movie] Quid Pro Quo
[video game] Boom Blox
[movie] Fanboys
[movie] Nick and Norah's Infinite Playlist (キミに逢えたら!)
2009 [movie] Falling Up
[movie] New York, I Love You
[movie] Cloudy with a Chance of Meatballs
1990 Visiting Kids - Visiting Kids
1995 [movie] Four Rooms (フォー・ルームス)


Gerald V Casale
ジェラルド・V・キャセール

※通称ジェリイ(bass guitar, bass synthesizer, voice/1974−now)。マークと並んでバンドの中心的存在。1972年、ケント州立大学在学中に地元のブルース・バンド 「ザ・ナンバーズ・バンド(15-60-75 The Numbers Band)」 に参加してミュージシャンとしてのキャリアをスタート。しかし同時期に在籍していたキャプテン・ビーフハート同好会でマークと出会いバンドを脱退、DEVOの前身バンド "Sextet Devo" 結成。その後自主映画の制作に明け暮れつつマークとの共同経営でグラフィック・アート・ショップを開いたり畳んだりしているうちにバンド活動が本格化。一連のヴィデオクリップは全てジェリイのディレクションによるものであり、80年代後半からはヴィデオ・ディレクターとして他のアーティストの作品も手掛ける。90年のDEVO活動停止後は映像制作集団 「パンデモニウム(Pandemonium)」 への参加→脱退を経て現在は 「バッド・カンパニー・フィルムズ(Bad Company Films)」 に在籍。CM・ヴィデオクリップなどの映像制作に携わる傍ら、ミュージシャンとしても活動中。
≪ひと口メモ≫ ミドルネームは "Vincent"。
1980 Cars - Panorama
Cars - Touch & Go
1985 Jane Siberry - One More Colour
Rush - Mystic Rhythms
1989 Rush - Superconductor
1995 Foo Fighters - I'll Stick Around
1996 Soundgarden - Blow Up The Outside World
1997 Silverchair - Freak
1998 Hum - Green to Me
Ridel High - Self Destructive
2005 A Perfect Circle - Imagine
1981 Debbie Harry - Koo Koo
1982 Jermaine Jackson - Let Me Tickle Your Fancy
1997 David Byrne - Feelings
2001 Wipeouters - P'Twaaang
Robert Mothersbaugh
ロバート・マザーズバー

※通称ボブ1号(1st guitar, voice/1974−now)。リード・ギタリストでありマークの実弟。もともとDEVO以前から自身のバンド 「ジッターズ(Jitters)」 を率いて音楽活動していたが、やがてマークに引きずり込まれる形でDEVOに参加。90年のDEVO活動停止後もマークと行動を共にし、ミューテイトー・ムジカに参加。マークと並ぶメイン・コンポーザーとして数々の映画やCM、テレビ番組などに楽曲を提供している。またワイプアウターズにギタリストとして参加しているほか、自身のリーダー・バンド "The Bob-1 Band" でも活動中。
≪ひと口メモ≫ アルバム 『Shout』 の裏ジャケの女のコはボブ1号の愛娘アレックス。
1979 Hugh Cornwell/Robert Williams - Nosferatu
1982 Robert Williams - Late One Night
2002 Tom Watson - Country & Watson
1991 [tv] Rugrats
1995 [tv] Santo Bugito
1996 [movie] Love & Sex etc.
1999 [video] The Wacky Adventures of Ronald McDonald : The Visitors from Outer Space
[movie] Resculpting Venus
[movie] 200 Cigarettes (200本のたばこ)
2001 [tv] Rugrats : Still Babies After All These Years
2002 [movie] Hansel & Gretel
2003 [tv] Rugrats : All Grown Up
1980 Qi-ZZ - New Baby



Jim Mothersbaugh
ジム・マザーズバー

※通称 "ジャングル" ジム(Percussions/1974−1976)。マークとボブ1号の実弟。そもそもボブ1号のバンド「ジッターズ」に在籍していたが、メンバーチェンジに伴いSextet Devoに加入。その流れでDEVOに参加している。在籍中は自作のエレクトリック・パーカッションを駆使し、独特のルーズなビートでDEVO黎明期のサウンドに貢献。脱退後はバンドのマネージャーに就任し、Freedom of Choiceツアーではテクニカル・スタッフとしても活躍。その後ローランド社に入社し、テクニカル・アドバイザーとしてスパークス等のレコーディングに参加しながら、Midi規格の確立に力を尽くした。正規のレコーディングに参加していないので幻のメンバー的なイメージが強いが、未発表曲集 『Hard Core Devo』 シリーズや1stヴィデオ 『The Men Who Make The Music』 で彼の演奏を確認する事が出来る。
1984 Devo - Shout
Sparks - Pulling Rabbits Out of a Hat
1988 Devo - Total Devo
2001 Wipeouters - P'Twaaang
Robert Casale
ロバート・キャセール

※通称ボブ2号(2nd guitar, synthesizer, voice/1976−now)。ジェリイの実弟。参加当初はリズム・ギター専任だったが、80年代に入るとマークの負担を軽減すべくシンセサイザーも兼任。堅実なマルチプレイヤーぶりでDEVOサウンドを支え続けた。また、84年発表のアルバム 『Shout』 以降レコーディングにおけるエンジニアリングの一切を任されており、90年のDEVO活動停止後はマークの設立したミューテイトー・ムジカに参加し、チーフ・エンジニアとしてその手腕を発揮している。ワイプアウターズにもギタリストとして参加。
≪ひと口メモ≫ ボブ1号同様娘の名前はアレックス。
1979 Laura Molina - Black Cats
1986 Martini Ranch - Labouring Man

1987 Andy Summers - XYZ
1988 Andy Summers - Mysterious Barricades
Mark Mothersbaugh - Muzik for Insomniaks vol.1
Mark Mothersbaugh - Muzik for Insomniaks vol.2
Martini Ranch - Holy Cow
1995 [movie] Four Rooms (フォー・ルームス)
[movie] Tank Girl (タンク・ガール)
[movie] The Mighty Morphin Power Rangers (パワー・レンジャー)
1996 [movie] The Last Supper (最後の晩餐/平和主義者の連続殺人)
[movie] Supercop
1997 David Byrne - Feelings
[movie] Bottle Rocket
1998 [movie] Rugrats : The Movie
1999 Mark Mothersbaugh - Joyeux Mutato
[movie] Rushmore (天才マックスの世界)
2000 [movie] Rugrats in Paris : The Movie
[movie] Grass
2001 [movie] The Royal Tenenbaums (ア・ロイヤル・テネンバウムズ)
2002 [movie] Welcome to Collinwood (ウェルカム・トゥ・コリンウッド)
---- Gospel Truth Singers - Gospel Truth Singers
1988 Martini Ranch - Holy Cow
1990 Visiting Kids - Viiting Kids
1991 The Vandals - Fear of A Punk Planet
---- Naughty Sweeties - Live
Alan Myers
アラン・マイヤース

※通称アラン(Percussions/1976−1985)。元々ボブ1号のバンド仲間でジャズ・ドラマーだったが、ジムの脱退を受けてDEVOに合流。参加するにあたって、身についた常識的なドラム・テクニックを解体すべく片手片足を縛って猛練習に励み、遂にDEVOの代名詞とも言える変態ビートを編み出したという逸話がある。80年代に入ってからはエレクトリック・パーカッションに挑戦し、ダンス・ビートに対応したりもしていたが、85年に脱退を表明。音楽性の相違やバンドに対する貢献度の低下、家族との時間を重視し始めた事などがその理由のようだ。脱退後は当時のガールフレンドのバンド、バブーシュカ(Babushka)に加入(数年間在籍)。現在は電気工事会社 「スカイライン・エレクトリック(Skyline Electric)」 の経営に力を注ぐ傍ら、Deborah Gee、Lunna Menoh、Sarah Kramerといった女性アーティストとのコラボレイトや奇しくも自分の会社と同じ名前のバンド 「Skyline Electric」 のメンバーとして親子ほども年の離れたメンバーと行動を共にするなど、ミュージシャンとしても意欲的に活動している。
≪ひと口メモ≫ 映画 『スーパーマン』 シリーズの子役俳優マーク・マクルーアは、かつてインタビューで 「一番好きなバスケットボール選手は?」 との質問にアランの名を挙げている。
【関連記事】 Interview with Alan Myers
1981 Ron Wood - 1234
1986 Martini Ranch - Labouring Man
2002 Deborah Gee - Portal
David Kendrick
デイヴィッド・ケンドリック

※通称デヴィッドorデイヴ(Percussions/1986−1990)。もともとベイツ・モーテル(Bates Motel)やグリーミング・スパイアーズ(Gleaming Spires)といったバンドで活動していたが、81年、ベイツ・モーテルがバンドごとスパークス(Sparks)に吸収合併。ジョルジオ・モロダーのプロダクションによりエレポップ化したスパークスの屋台骨を86年まで支えた後、アランの脱退を受けてDEVOに参加。硬質かつノー・グルーヴなビートでアランの後任という重責をまっとうした。90年、バンドの活動停止に伴い脱退。その後もチャリティーアルバムをプロデュースしたりDEVOに復帰したりと独自のスタンスで活動中。2003年、DEVOの来日公演に帯同し、初めて日本の土を踏んだ。ボブ1号のバンド "The Bob-1 Band" にも参加している。
≪ひと口メモ≫ プレイボーイ誌が取材を申し込むほどの重度のコンドーム・コレクターとしても有名。
1981 Gleaming Spires - Songs of the Spires
Sparks - Whomp That Sucker
1982 Gleaming Spires - Life Out on the Lawn
Sparks - Angst in My Pants
1983 Gleaming Spires - Walk on Well Lighted Streets
Sparks - In Outer Space
1984 Sparks - Pulling Rabbits Out of A Hat
1985 Gleaming Spires - Welcoming a New Ice Age
1986 Sparks - Music That You Can Dance To
1990 Visiting Kids - Visiting Kids
1995 Cheikha Remitti - Sidi Mansour


1995 Various Artists - KKSF 103.7 FM Sampler for AIDS Relief 6
1996 Various Artists - KKSF 103.7 FM Sampler for AIDS Relief 7


Josh Freese
ジョシュ・フリーズ

※通称ジョシュ(Percussions/1995−now)。父はディズニーランド専属バンドの指揮者、母はクラシックのピアニストという音楽一家に生まれ、12歳でディズニーランドのトップ40バンドに所属、15歳でレコードデビューし、以後ヴァンダルズ(Vandals)を始めおびただしい数のバンドに在籍、一時はガンズ・アンド・ローゼスにまで籍を置いていたというツワモノ。残念ながらDEVOでは今のところサントラ提供曲数曲とライブでしか演奏していない。
≪ひと口メモ≫ ロサンゼルスでは毎年7月24日が 「ジョシュ・フリーズの日」 に定められているらしい。一体何をして過ごせばいいのか。
1991 Vandals - Fear of A Punk Planet
1992 Suicidal Tendencies - The Art of Rebellion
Xtra Large - Now I Eat Them
1994 Vandals - Sweatin' to The Oldies : The Vandals Live
1996 Daredevils - Hate You
Vandals - The Quickening
Vandals - Christmas With The Vandals : Oi to The World!
1998 Vandals - Hitler Bad, Vandals Good
2000 A Perfect Circle - Mer de Noms
Vandals - Look What I Almost Stepped In
2002 Vandals - Internet Dating Superstuds
1991 Dweezil Zappa - Confessions
1993 Paul Westerberg - 14 Songs
1994 Paul Westerberg - Gravel Pit
1995 Juliana Hatfield - Only Everything
Wayne Kramer - The Hard Stuff
1996 Paul Westerberg - Eventually
1997 Angelica - Angelica
Indigo Girls - Shaming of The Sun
Willsons - The Willsons
1999 Paul Westerberg - Suicaine Gratifaction
[movie] 200 Cigarettes (200本のたばこ)
[movie] End of Days (エンド・オブ・デイズ)
2001 Rob Zombie - The Sinister Urge
2003 [movie] Underworld (アンダーワールド)
Back Home