デリシャスティックの歌ってる曲はこんな感じです♪

曲名 アーティスト コメント

Up The Ladder To The Roof

Nylons

(The Supremes)

テナー音域の人(高い声の人)がいないのに得意の強行突破により最初に歌い始めた曲。短いのにもっとも疲労度の高いデリシャスティックの代表曲です。歌い重ねるうちにどんどん元気な曲になりました。先輩バンド「RAVRING」が歌っていました。

Always 光永亮太

やまちゃんが昔所属していたバンド「VAG」で使っていたものを再アレンジして歌っています。急ピッチで完成させたにもかかわらず初披露でけっこう評判がよかった曲。デリシャスティックの方向性を決めた記念すべき曲です。ふじがさわやかに聴かせます。

Dancing in the street Rockapella

先輩バンド「恋Menズ」の歌っていた曲。てつろうのつくった楽譜で歌っています。Alwaysだけでは飽き足らずこの曲でも歌詞で自分たちを主張しています。そして時にメンバー紹介も兼ねることも。ノリノリなパーカッションとベースに注目してください。

最後の夜 葛谷葉子

やすいっちとやまちゃんの歌うバラード。切ない気持ちを歌った、ひとつの物語が浮かんでくるような曲です。編曲はやまちゃん。最後の盛り上がりはみんなで気持ちを込めて歌い上げます。

Let It Be SMAP
ビートルズのあの有名曲ではなく、SMAPの歌っているLet It Beをやまちゃんアレンジで。アップテンポなメロディーに前向きな歌詞。かっこよくキメたい曲です。コーラスの4人でリードがまわります。

Happy Birthday from Delicioustick

?
誰でもいいから誕生日を祝わせてほしい!という気持ちからひっきぃが楽譜作成。短いですが意外に他の曲よりハモったりしてます。歌の最後にはもちろんメンバーからアレがプレゼントされます。
さよならじゃない Something Else
切ない&さわやかなビートがここちよい曲です。青春な歌詞をやすいっちがアツく歌います。てつろうのこだわりパーカッションとジーコのベース、そしてやさしく歌い添えるひっきぃのコーラスをよく聴いてみてください。やまちゃんがアレンジ。もち曲の中でも特に大事な曲になりました。
HANA RAG FAIR
雰囲気で選んだものの想像以上に高い音が多くてびっくり。でもとっても明るくノリの良い曲で、歌ってる僕らも楽しくなります。ふじ、やすいっち、ひっきぃが歌うリードや、ノリノリなベースやパーカション、コーラスもさわやかで聴き所満載です。曲間ではコーラス4人もパーカッションをやります。
Traveling 宇多田ヒカル

Delicioustick最後のもち曲としてやまちゃんが編曲。6人の声が重なって流れていき、幻想的な雰囲気をつくります。メンバー全員がそれぞれの持ち味を生かして歌います。

 

棒投 日記 思い出

写真

掲示板 メンバー スティック ご連絡 リンク トップへ DS
 

 

close