[ 戻る ]

[ 初恋 ]

こんなカタチであなたに遭うなんて
思いもしなかった …ビデオは回る
忘れかけていた笑顔は
凍りついたまま

あれから 六年の月日が流れ去って
二人とも 余計にセイチョウしたはずなのに
どうして いまだに あなたは制服のままで
そのうえ 縛られているのだろう?

カメラに向けたあなたの眼差しは
僕の罪を暴くかのようで
繰り広げられる惨劇も
どこか遠い世界の出来事

ニードルや諸々の洗礼に
紅や金色の激流が記憶のあなたを押し流す
その瞬間に 事実上、あなたは死んでしまった。 と
思い知らされてく …ビデオは回る

もう、動くことの無い銃は
あなたの血に錆付いて腐りおちる

あくる朝あなたは思い起つ
ここではない どこか遠い場所へ 翔べたらいいなと
追憶も 感傷も 何も無い
上書きされた記憶が消せるなら ためらわず一歩前へ
便りを運んだこの風は もしかしたら
路傍の花束を 吹き渡ってきたのかも
それから 六年の月日が更に廻り
今 言葉の中にあなたを遺す

[ 戻る ]

close