[ 戻る ]

[ 受胎告知 ]

つかのまの月蝕は知らぬ間に流れ去って往ってしまい
それすらも見抜けないまま分岐点はとうに過ぎた
でもね何となく解っていたんだお互いの選択が互いを苛むと
それならば何事も無かったと云い聞かす 破滅は迫る

色んな事眺め続けて少しづつすり替えていく想像は
救済には程遠いけれど感情は消えていく
それは子猫を捕らえて切り刻む少年の瞳が君にそっくりで
札束と変態の唾液に塗れた僕の娘

本当は解ってた 見えたのは自分の歪んだ願望だと
厄年の僕は二人の娘を凌辱していた
まだ見ぬ未来は永遠に語られることの無い架空の物語
わからない正解も過ちも ただ 笑顔は失くした

--------------------------------------

堕胎の詞。

あの葡萄は酸っぱいに違いない。
男の子なら動物虐待
女の子なら関西円光
だから、私たちは間違いじゃない。

[ 戻る ]

close