CROSSPLAY!! とは?



CROSSPLAY!!は神戸を中心に活動する、
アコースティック弾き語り二人組です。


主な活動は路上ですが、ライブハウスも増えてきました。
けれども、二人とも極度の“お笑いバカ”のため、スタンスとしては、
既存の“ゆずっぽい”だとか言われる、ギター弾き語りとは異なり、
それのみではなく、ときどき、ライブでコントしたりします(笑)。
(注:別に↑ゆずを否定してるわけではないですよ(笑)。大好きです。)

しかし、別に生半可な気持ちで音楽をやってるわけではないので、
その辺は甘く見てもらっては困ります。

暖かくなってきたら路上に出没する“エセストリートミュージシャン”、
ギター持って「携帯の番号教えてよ。」とか言うナンパな“ホスト系な人”、
そんな人たちとは違います。コンセプトが違います。


まぁ、四の五の御託を並べても仕方がないので、
とりあえず、体験して見て下さい。
毎週火曜日、神戸・三ノ宮で弾き語りをしています。(参照


それでは、お会い出来る日を楽しみにしています。



CROSSPLAY!! の略歴


1987年

夏 二人が小学5年生の時、初めて出会う。


1988年

6年3組川田学級で同級生になる。


1989年

同じ中学に進むが3年間、クラスは一緒にならず、
友達も違ったので、あまり接触はなし。


1992年

別の高校へ進学。以後、接触途絶える。
BJ、高校時代をバンドで過ごす。(ドラムで(笑)。)


1998年8月

21歳、同窓会で約6年ぶりの再会。
BJはこの頃、大学生でバンドマン。ギター弾き。
まぁおはこの頃、歌える居酒屋店長。
この同窓会で一応フリーだったBJにまぁおが
歌をやりたいと持ちかけ、BJはあっさりOK。
ここから二人のユニットが動き出すことに。

この頃は練習場所は閉店後の相方の居酒屋。
朝までゆずのコピーや雑談。

二人組になってから、バンド“cielo”にて、
それぞれ、VoとGをこなす時期もあり。

ちなみに最初のユニット名は“川田学級”。
のちに“こいわずらい”を経て“CROSSPLAY”に。
なぜこの名前になったかというと、ただ単に、
呼んだ時のゴロが良いからという理由のみ。


1999年2月

初めての路上弾き語り。寒かったが楽しかった。
気が付けばギターケースには2989円。
そこから毎週の路上を始めて現在も継続中。
(2002年2月、150回を突破)


1999年5月

元町、某Dというライブバーで初のライブ。
ここから、いろんなライブハウスにも出るように。


2001年1月

初の手作りCD“OUT!”完成。
(1枚目やのにアウトって・・・)


2002年3月

手作りCD“さよならゲーム”完成。
東京・渋谷エッグサイトにて堂島孝平さんと共演。


2002年6月

手作りCD“二枚目(A)”完成。


2002年7月

英語で野球用語のクロスプレイ(きわどい交錯プレイ)のスペリングが、
“crossplay”ではなく、正しくは“close-play”なのを初めて知る。

2002年9月

このサイトが完成。


そんな感じです。





CROSSPLAY!!(2002/08/06)




Back



メニュー
PROFILE LIVE SOUNDS BBS LINK etc



close