〜チェッカーズ旋風・日本上陸までの道のり〜

1975年12月24日

キャロル解散ライブTV放映。
7人の少年は、バンドに開眼する。

キャロルとは・・・
 矢沢永吉(ベース・ギター)、ジョニー大倉(サイド・ギター)、
 内海利勝(リード・ギター)、ユウ岡崎(ドラムス)からなる
 4人組のサイッコウのロックンロールバンド。

1978年 K市でポツポツ行われるようになったダンスパーティー
−略してダンパ−。
映画「アメリカングラフティー」の影響もあってか30〜40はあるロックンロールバンドがグングン洗練されていく。
その中で、フミヤの「カルコーク」とトールの「シェイク」がK市の2大ダンパ・バンドとなる。
1979年 「カルコーク」「シェイク」解散
1980年 チェッカーズ誕生!
キャロルクールスコースターズと、Cで始まってSで終わる名前がスキだったので
CHECKERS”。

「このK市始まって以来のカッコイイバンドを作る」
この思いで、トールフミヤの家へ。トールの勧誘で、ふたりは組むことになる。
あと、ボーカルは2人、ベース、ドラムを探さなきゃと相談しているところにモクがやってくる。メンバーはこれで3人になった。
その翌週、ナオユキがベースとして参加することになった。
ちょうどその頃、全盛期の勢いはなくなったものの開催されていたダンパでちょっといいボ−カルがいるとの情報が入ってきた。
マサハルである。ある日、会合場所に来るように誘う。何も知らないマサハルが入ってくると
「オメデトウ。君も今日からチェッカーズ」
???という間にメンバーは5人になった。
次のターゲットはユウジ。別のバンドを組んでいたユウジはつれなかったが、そのバンドも解散。と同時にチェッカーズに。
よって、ナオユキはベースからサックスに。
1981年 残るはドラム。天才ドラマー・クロベーに白羽の矢が。でもクロベーは「キューティス」というバンドを組んでいた。
6人全員で引き抜きにかかる。
ある日クロベーを呼び出し、車に押し込む。クロベーは6人にかこまれ「山に埋める」と脅迫された。
これで、チェッカーズ7人そろった。
1981年8月 第8回L−MOTION(ライトミュージックコンテスト)本選大会
ジュニア部門グランプリ受賞
1981年9月 LMCジュニア&レディス大会グランプリ受賞
プロになる話が来た。けれど、ナオユキクロベーは高校生。この2人の卒業を待つことになる。
その間、マサハルユウジは大学へ。フミヤはウエイター、弁当詰めから国鉄へ。
トールは楽器店でセールスマンとして高い評価を受ける。

水曜日にミーティング、日曜日は練習を欠かさない。
1983年3月15日 K市でラストコンサート。
1983年3月29日 東京上陸。
1983年7月4日 チェッカーズカット誕生。
1983年9月21日 チェッカーズ旋風・日本上陸の日
退屈退治とココロのフリーセックスを合言葉に
芸能芸術労働者チェッカーズ「ギザギザハートの子守唄」でデビュー
以上 参考文献:もっと!チェッカーズ(扶桑社)



CHE'S DATA

CHE'S FAN CLUB


Written By MISYUKE
close