会社概要利用規約サポートプライバシー会員登録

週間番組表本日のお薦めダウンロードニュースレター

HOME番組紹介バラエティ平日深夜Chit Chat
Chit Chat #6
燃えると臭いもの
(静かな店内。それぞれにメニューを見る2人。)
S「決まった?」
D「いや、まだだ。」
S「じゃ、呼ぶね。」
(S、遠くに向かって手を振る)
D「決まってないって言ってるだろう。」
S「いいよ、俺が決めてあげるから。オーイ、オーダー!」
(W、かったるそうにやって来る。耳にはヘッドフォン。)
S「俺、1/2ポンド・ステーキとミントシェイク。こっちの人には、ペカンパイとコーヒー。……いい?」
D「……いい。」
S「(メニューを閉じて)じゃ、それ。あと、この人、コーヒー2つ飲むから、この人にカップ2個持ってきてね。」
(W、メモも取らずに去る。S、“してやったり”な笑顔をDに向ける。D、肩を竦める。窓の外を、サイレンと共に消防車が通り過ぎる。)
S「あっ、火事だ。」
D「なんだ嬉しそうに。」
S「嬉しくない? 火事って。」
D「嬉しくない。災害だろ。被害者の心情を慮って心が痛む。憎らしくもあるがな。」
S「何が憎らしいのさ。放火犯? 火事の原因が全部放火ってわけじゃないだろ?」
D「いや、被害者。」
S「心が痛むって言ったばっかりじゃん。」
D「ああ。火事の話を聞いて最初に思い浮かぶのは、住む家をなくして途方に暮れてる家族の姿だ。両親と、子供3人な。だから、心が痛む。だがすぐに、そうだな、2秒後くらいに、ある事実を思い出す。」
S「何なに?」
D「大抵の家持ちは火災保険ってやつに入ってるってことだ。そして、大抵の家持ちは、実際の資産価値より多い金額の保険に入ってる。」
S「てことは?」
D「火事太るんだよ。結果として、もっと立派な家が建つ。」
S「ああ、それで憎いと。」
D「憎いとまでは言ってない。」
S「何となく憎たらしいと。」
D「まあな。」
S「でも、あれじゃん、新しい家が建てば、あんたの仕事にちょっと影響あるんじゃないの?」
D「何でだ。関係ないだろ。」
S「だってほら、先週、そこの1本向こうの雑居ビル燃えたじゃん? ほら、1階が家具屋で、2階が結婚相談所の。」
D「3階にバデリー法律事務所が入ってるところか!」
S「うん、そこそこ。」
D「(身を乗り出し、目を輝かせて)で、どうなった、バデリーの奴、死んだのか?」
S「死んでない。日曜だったから。誰も死んでない。」
D「そうか。」
(D、残念そうに天を仰ぐ。)
S「バデリーって……。」
D「カミさんの弁護士。」
S「ああ、暗い過去なんだ……。」
D「暗かぁない。ちょっと痛かっただけだ。……で?」
S「そうそう、そこが焼けたのさ。原因はまだわかってなくて、放火かもしれないんだって。」
D「そうか、そりゃ厄介だな。……で、それが俺の仕事とどう関係があるんだ?」
S「うん、でね、一昨日、たまたま現場を通りかかったのさ。そしたら、もう1階の家具屋が開店しててね。」
D「1階は燃えなかったんだな。」
S「燃えたの。盛大に。机も椅子も、本棚も食器棚もベッドも全部燃え。」
D「ほう。」
S「全燃え。全部黒焦げ。でも、開店してたの。何事もなかったように。」
D「在庫があったんだろう?」
S「いや、商品、黒焦げのまま。」
D「ああ?」
S「椅子も机も黒焦げのまま売ってたの。何か油みたいなもん塗って、表面テカテカにして。」
D「それ、強度は大丈夫なのか?」
S「わかんない。『イームス』って札がついてる椅子があったから座ってみたかったんだけど、やめといた。」
D「それが賢明だ。座った途端に崩れるかもしれないからな。」
S「いや、強度は大丈夫そうだったんだけど、それ、すんごい臭かったんだよね。イームスの椅子って、こんなに臭かったんだあ、と思って驚いて帰ってきた。」
D「燃やしちゃいけない素材だったんだろ。プラスチックとか、ゴムとか。」
S「興ざめだよね。普段はあんなに澄ましてるくせに、燃えるとあんなに臭いなんてさ。」
D「そんなことまでを椅子に求めるなら、木の椅子にしろ。」
S「木の椅子は、燃えたらなくなる。」
D「完全燃焼すればな。しかし、考えてみろ。山火事があったとするな。」
S「うん、山火事ね。見たこたないけど。」
D「火事の後、焼けた木が残ってるだろ。完全に燃え尽きてすべてがなくなるってことは、まずない。」
S「じゃあ、椅子もいい感じに焦げて、それなりの風格が出て……。」
D「炭だけどな。座ったら尻が黒くなる。そして、座り心地は“サクッ”。」
S「それ、椅子じゃない。」
D「だから炭だって。」
S「イームスの椅子は、臭かったけど、炭じゃなかった。その辺は、さすがイームス。」
D「……どんな形だったんだ、それ?」
S「椅子の形っぽかった。で、小さかった。」
D「小さかったって?」
S「ほら、あれ、あるじゃん。子供が作るやつでさ。白いプレートに絵を描いてトースターで焼くと、運がよければ小さく縮まって固くなるやつ。キーホルダーにつけたりする、あれ。知ってる?」
D「知らんなあ。それ、運が悪いと、どうなるんだ?」
S「トースターと共にゴミ捨て場行き。」
D「なるほどね。で、それとイームスの椅子とどういう関係があるんだ?」
S「そのプレートみたいに縮まってた。子供用の椅子としてはいいのかもしれない。」
D「臭いのに?」
S「うん、すんごい臭かったけど、フライパンの柄が焼け焦げたのよりはマシかな。」
D「フライパンの柄は、普通、焼くもんじゃないって知ってるか?」
S「知ってる。俺も焼く気はなかったさ。気がついたら、焼けて融けてて焦げてて臭かった。って言うか、臭かったんでキッチンを見てみたら、フライパンがガスコンロの上にあって、コンロの火は強火で、柄が融けてたんだ。」
D「フライパンをコンロにかけっ放しにして忘れてたのか? 危ないな。」
S「俺じゃないよ。俺がコンロにフライパンかけっ放しにして忘れると思う?」
D「よくわからん。で、お前じゃなかったら、一体誰がお前んちのコンロでフライパンを焼いてたんだ?」
S「だから俺んちじゃなくて、えーと、あれをやったのはローランドさんだったっけかな。ここんとこ、軽くボケ来ててさ。」
D「ああ、そういうことか。気をつけろよな。爺さんを焼かないように。そして、爺さんに焼かれないように。」
S「火事にならないように気をつけてはいる。でも、何仕出かすか予測もつかなくて。」
D「予測がつかないと言えば……。」
S「と言えば?」
D「アーロンの奴だ。」
S「誰?」
D「アーロン。決して俺の友達じゃない。だが、どういうわけか、俺の近くに出没する。ここ数年は見てないけどな。」
S「幽霊?」
D「いや、生きてる普通の人間だ。普通とは言い難いものはあるが。」
S「どう普通じゃないわけ?」
D「アーロンは、突拍子もないことを仕出かす。」
S「例えば?」
D「例えばだな、仮装パーティーの時に女装して来た。」
S「普通じゃん?」
D「そして、カツラに火を点けた。あれは臭かったな。その後、着ていたドレスを脱いで、それにも火を点けた。これはそんなに臭くなかった。」
S「……で、その後、どうやって帰ったの、アーロンは。」
D「フェイクファーのロングコートを纏って、ポリスメンに連行されていった。」
S「……納得。パーティー会場、燃えた?」
D「燃えかけたが、奴以外全員の必死の努力によって事なきを得た。テーブルクロスが多少焦げただけで済んだよ。他は水浸しってだけで。」
S「それだけじゃなさそうだね、そのアーロン氏の悪行。」
D「まあな。サンダルの揚げ物を食わされかけたこともある。何人かは南半球産の牛肉か水牛の肉だと思って食って、そのうちの数人は病院行きになった。」
S「そりゃサンダルは食いもんじゃないから。」
D「一応、牛革のサンダルだったんだけどな。底がゴムだった。あれも臭かったな。」
S「ゴムが? 牛革が?」
D「両者とも。プラス、足の臭い。」
S「使用済みだったわけ? 強烈だわ、それ……。」
D「何? お前、足臭い方?」
S「そうでもない。あんたは足臭いよね。」
D「そうでもないと思うぞ。」
(W、来て、Dの前にペカンパイとコーヒーカップ2つを置く。カップの1つはブラウン、もう1つは黄色。W、去り、Sがカップの中を覗き込む。)
S「あれ? コーヒー入ってないよ。」
D「これから注ぎに来るんだろ。」
(D、ペカンパイを一口食べる。)
D「うー、甘い。甘くて美味い。ここのペカンパイは、ペカンが少ないって欠点はあるにせよ、このブラウンシュガーの具合がたまらんね。そしてこの激甘が、煮詰まったコーヒーにまた合うんだ。」
(D、何も入っていないカップに手を伸ばす。Wがやって来て、Dが持っているカップの中にコーヒーを波々と注ぐ。そして、もう1つのカップに少しだけコーヒーを注ぎ、去る。)
S「……やられた……そう来るとは思わなかった。」
D「いいじゃないか、お前にはミントシェイクがあるんだし。」
S「ミントシェイクはミントシェイク。コーヒーはコーヒー。俺はコーヒーもたっぷり欲しいの。……分けて。」
D「俺が口つけたのでいいのか? ペカンが逆流してるかもしれんぞ? お前の大嫌いなペカンが。」
S「じゃ、いらない。……ペカンって蛹に見えない?」
D「蛹? 虫の蛹か?」
S「虫以外は蛹にならないはず、確か。」
D「うーん、蛹に見えるかもなあ。虫そのものにも見えるな。とにかく虫系だ。」
S「って言いながらも食べてるし。信じらんねー。うえ〜。」
D「どう見えようと、ペカンは木の実だ。」
S「ペカンと思わせておきながら、蛹だったらどうする?」
D「匂いでわかるだろ。」
S「蛹だったらどんな匂い?」
D「蛹を焼いたことはないから推量でしかないが、恐らく臭いだろう。」
S「どう臭いかな?」
D「えも言われぬ臭さだろうな。生き物が焼けるんだから。」
S「でも、ステーキは生き物焼いてんのに、いい匂いじゃん。心時めくような。」
D「美味そうな匂いだ、とは思うが、心時めきはしないな。」
S「そうかな。俺は時めくよ。」
D「ここのステーキでもか?」
S「ここのステーキは匂いしないし。キッチンで匂いを出し切って、カスが運ばれてくるとしか思えない。」
D「で、そのステーキだが、来る気配もないな。ミントシェイクも。……よくステーキ食いながらミントシェイクを飲もうって思えるな。」
S「ミントシェイクは食後のデザート。」
D「デザートは、メインの食い物が7割方終わってから注文しろ。ステーキとミントシェイクが一緒に来たら、ミントシェイクに行き着く前に溶けるだろ。」
S「大丈夫。俺、ぬるくなったシェイク好きだし、ステーキの合間合間にちょっとずつ啜ったりもするから。」
D「悪食にも程がある。」
S「蛹食ってる奴に言われたかないね。」
D「木の実だ。」
(W登場。片手に皿、片手にジョッキ。置くと言うより“うっかり取り落とした”ような勢いでテーブルに皿とジョッキを置いて去る。テーブルの上には、ステーキの皿と、ミントパフェ(大)。黙って見つめる2人。)
S「……惜しい。あとちょっと。」
(Chit Chatのロゴが左から右へ流れる。軽快な音楽。)
S「(器の中の緑色のものをスプーンでぐるぐるかき回しながら)髪の毛はどう?」
D「お前の?」
S「俺のじゃなくてもいいんだけど。」
D「お前のじゃないなら、何が“どう?”なんだ?」
S「燃えると臭いもの。」
D「ああ、それも臭いだろう。蛋白質の焼ける臭いだ。」
S「ドライヤーかけすぎると、ふと、そんな臭いすることない? 燃えてもいないのに。」
D「密かに燃えてるんだよ、それは。ドライヤーを頭に近づけすぎてるんだ。」
S「そうでもない。10センチは離してる。」
D「“30センチ離せ”って母親に言われなかったか?」
S「言われなかった。“早く乾かせ!”って言われてた。“まだかまだか!”って。」
D「変わったお袋さんだな。」
S「(何かの顔真似で)“まだかまだかまだか!”って。……ほら、うち女兄弟多いじゃん。でも、ドライヤーは1台しかなかったんだよね。だから、朝はもう取り合い。」
D「買えよ、ドライヤーくらい。お前んち、貧乏じゃないだろう?」
S「うん。でもね、皆、そのうち誰かが買うはずだ。そしてそれは自分の役割ではない、って思ってたんだね。」
D「ああ、わかるぞ、それ。」
S「アンタんちもそうだった?」
D「いや、そこじゃない。そのうち誰かが何々するはずだ。そしてそれは自分の役割ではない。ってとこ。そうか、あの性格は遺伝的なものだったのか。」
S「ああ、そっちの件ね。」
D「もう少し早くわかっていればな。」
S「どうにかなったかも、って?」
D「ああ。」
S「わからなくてよかったんじゃん?」
D「何でだ?」
S「早くわかりすぎてたら、デビーには会えなかったんだし。」
D「……それもそうだ。」
S「ま、そのうちデビーもそんな感じの子になるんだけどね。」
D「そんなことはない。」
S「なるって。この前、“オモチャを片づけろ”って言われて、“アタシのじゃない!”って主張してたよ。」
D「ほう。」
S「“だって、デビーがこれで遊んだんじゃん”って言ったら、“確かに遊んだけど、もう飽きたからスティーブにあげたの。だから、アタシのじゃない”だってさ。」
D「……済まないな、いつも。」
S「でもって、くれるんなら持って帰ろうと思って、カゴにレゴとか縫いぐるみとか集めたら、“やっぱり気が変わった”って取り上げられた。あれ、確実に母親似だね。」
D「似なくていいところが似るんだな。」
S「え、それじゃ、似て欲しいとこって、どこよ。」
D「……咄嗟には思いつかないな……ああ、あれだ、靴のセンス。」
S「へ?」
D「靴のセンスがいい女に弱いんだよ。ま、それだけで決めちゃいけないってことは、高い授業料払って学んだけどな。」
S「それって、緑のパンプスとか、トカゲが足の甲についたビーチサンダルとかのこと?」
D「ああ、干したトカゲな。何年か前のビーチパーティーで履いてたよな。」
S「朝にはまだトカゲ生きてたよね。」
D「生きてたのか?」
S「うん。朝見た時は確かに生きてた。何か、腹の辺りを支点にしてくるんくるん回ってた。夕方見た時はもう干からびてたけど。」
D「……そう言えば、暑かったよな、あの日。」
S「そんなの履いてるなんてどうかしてるよね、やっぱり。」
D「……前衛的だとも言える。」
S「そういう言い方もできないこともない……かもしれなくもない。」
D「正直に言えよ。“そうは思わない”って。」
S「言ったら、あんた、傷つかない?」
D「つかない。“ああ、そうかもな”と、即行で自分の考えを改める。」
S「改めたいんだ。」
D「今ちょっと改めたくなった。これからの人生で同じ過ちを繰り返さないために。そうか、生きてたのか、トカゲ……。」
S「いい心がけだね。祝福するよ。」
(S、溶けたパフェをぐぐっと一気飲み。)
S「……くはあああ。痺れるぜ、ミント。……そうだ、祝福ついでに、椅子買ってあげようか?」
D「椅子ならうちに嫌と言うほどある。1、2、3、……7脚だ。」
S「何で7脚もあんの。」
D「わからん、気がついたら増えてた。」
S「(小声で)ああ、ワイズマンさん……。」
D「で、何でお前に椅子買ってもらわにゃならん。」
S「だって、買いたいんだもん椅子。イームスの椅子。」
D「焦げてて縮んでて臭いやつをか?」
S「うん。だって、今回を逃したら俺、イームスの椅子を買う機会なんてない気がするんだもん。」
D「そんなに欲しいなら買えばいい。だが、俺は要らん。」
S「何で? イームスの椅子だよ? 女の子に、“部屋に来ない? イームスの椅子あるんだぜ”なんて言ったら、もうメロメロなイームスよ? それも、前衛的でない、普通にオシャレな子がよ?」
D「……うーん。ちょっといいかな。」
S「あと、焦げ臭い匂いが好きな子も。」
D「そうだ、焦げて縮んで臭いんだった。いかんいかん。一瞬忘れてたぞ。」
S「引っかからなかったか。じゃあ、あれだ、こうしよう。俺がイームスの焦げ椅子を買う。買って写真に撮る。で、その写真は俺の家に飾る。」
D「何のために?」
S「決まってるじゃん。女の子が来たら、“イームスの椅子があったんだけど、火事で焼けちゃった”って言うためさ。だって、買ってから焼けたか、焼けてから買ったかなんてわかんないじゃん? だから、イームスの椅子を買ったのに、火事で焼けてしまった可哀想な人、って同情してくれるかもしんない。でもって、同情が愛に横滑りするかもしんない。」
D「それは一理あるな。」
S「でしょ? だから、俺が買って、写真に撮って、本物をあんたに回す、と。」
D「ちょっと待て。何で俺に回す?」
S「だから、改心祝い。」
D「焦げ椅子貰って、俺はどうすればいいんだ?」
S「さっき言ったじゃん。写真に撮るの。」
D「俺もその手を使うのか。」
S「うん、それで、女の子を部屋に呼んで、“イームスの椅子があったんだけど、火事で焼けちゃった”って言う。」
D「で、実物は?」
S「どうにでもして。あ、あれだよ、アーロンにでもあげ……。」
(唐突に切れる。)


ヘルプ・お問い合わせ

(c) 2002 JCYTV - NO RIGHTS RESERVED
close