会社概要利用規約サポートプライバシー会員登録

週間番組表本日のお薦めダウンロードニュースレター

HOME番組紹介バラエティ平日深夜Chit Chat
Chit Chat #5
塩の粒を数えよう
(Dの前にはポタージュの皿、Sの前にはソーセージ・エッグの皿。)
D「塩取って。」
S「うん。」
(S、Dに塩を渡す。D、ポタージュに塩をかける。)
S「(ソーセージを切りながら)かけすぎじゃない?」
D「(スプーンでぐるぐるスープをかき混ぜながら)何が?」
S「塩。ササア〜って出たよ、今。」
D「そんなに出てない。」
S「出たよ。今、3秒くらい引っくり返ってたじゃん、ボトル。」
D「3秒? 2秒じゃないのか。」
S「1、2、3……ううん、3秒。結構な量だった。」
(D、スープを一口飲む。)
D「うん、ちょうどいい。」
S「本当に?」
D「ああ。飲んでみるか?」
S「どれ。」
(D、スプーンでスープを掬ってSに差し出す。S、首を伸ばしてスプーンを咥える。)
S「不味い。」
D「わかってる。ここの日替わりスープは美味かった試しがないからな。」
S「味がない。もとい、デンプンの味しかしない。それなのに何かの“皮”が舌に当たる。」
(D、遠くにある日替わりメニューのボードを目を細めて見つつ。)
D「グリンピースの皮だな、メニューによれば。」
(S、頷いて塩を取り、Dのスープに入れようとする。)
D「おい、何をする!」
(と、Sの手首を掴んで止める。)
S「もっと塩入れない?」
D「塩分は十分だろ。コイツに足りないのは“味”だ。」
S「だから塩で補おうよ。」
D「お前、俺を血圧で殺す気か。」
S「大丈夫だって、高々数十粒の塩で人は死なない。」
(と、言いつつS、スープの皿に塩を投入しようとする。D、その塩を掌で受け止めて投入を阻止。)
S「何すんの。」
D「だったら放っておいてくれ、俺のスープのことは。」
S「あんた、日替わりスープはどうせ残して俺に回すじゃん。」
D「回ってきてから塩入れろ。」
(D、塩の乗った自分の掌を眺めつつ。)
D「えーと、これどうするか。あ、そこか。」
(D、Sの目玉焼きの上で手をパンパンして塩を落とす。)
S「何すんだ!」
D「え? だって、もったいないじゃないか、塩。」
S「だからって、俺の卵ちゃんに!」
D「お前が呼び出した塩の粒たちだ。お前が面倒見るのが道理ってもんだろ。」
S「人でなし! あんた、俺を脳卒中で殺したいのか!」
D「あとでスープに入れる塩を減らせばいいだろう。」
S「スープの塩と目玉焼きの塩とじゃ、同じ塩の量でも塩分が違うのに!」
D「……言ってる意味がわからんのだが。」
S「わかれよ。違うだろ?」
D「だから、何がだ?」
S「塩の塩分が。」
D「いいか、スティーブ。深呼吸をして落ち着いてから、もう1回、お前が何を俺に訴えたかったのか話してみろ。」
S「よーし。」
(S、フォークとナイフを持ったまま、目を閉じて深呼吸をする。)
S「ええと、俺が言いたかったのは、スープに塩を入れて“これでOK”と思う塩の量と、目玉焼きにかけて“これでOK”と思う塩の量は違うってこと。どう、わかった?」
D「ああ、わかった。確かにそうだな。簡単に言うと、適切な1食分の塩分量が違う、と。」
S「その通り!」
(と、S、目玉焼きの白身を口に運ぶ。)
S「塩っぺー!」
D「当然だろ。」
S「そっか。かけすぎだもんな。……って、俺、何納得してんだよ!」
(S、紙ナプキンを取って、目玉焼きの表面を拭う。)
D「さっきの塩は、このぐらいだったかな。」
(D、塩を自分の掌に取り、Sに見せる。)
S「うーん、あと0.5秒ぐらい。」
D「塩の量を秒数で表すのは、あれだ、ウースターソースと一緒だ。」
(と言いながら、D、0.5秒分の塩を掌の上に追加。)
S「あと、ソイソースも。それからオイルとかビネガーとかワインとか。そうそう、その量。ばっちり間違いなし。」
D「これが、お前にとって過剰量の塩ってわけだ。」
S「そして、あんたのスープに必要な量。」
D「何粒あると思う?」
S「はあ? んなの、わかんねえよ。」
D「俺の勘では、250粒。」
S「250? 100ぐらいじゃん?」
D「賭けるか?」
S「じゃあ1ドル。」
(S、ポケットから財布を出し、1ドルをテーブルの上に置く。)
D「俺は奮発して5ドル。」
(D、ポケットからくしゃくしゃの札を出して、テーブルの上にバンと置く。)
S「何で、こんなのに5ドルも?」
D「自信があるからな。本当にお前、100粒でいいな?」
S「いいよ、100粒以下に1ドル。」
D「それじゃ、数えよう。半分任せた。」
S「うん。」
(D、掌の上の塩を半分ほど、Sの手の上に移す。)
D「ズルはなしだからな。フェアに数えよう。」
S「オッケ。」
(DとS、掌の上の塩を数える。)
D「……10。……20。……30。」
(D、小指で掌から塩を少しずつ弾き落とす。)
(S、人差し指の腹につけた塩をじっと見つめている。)
S「159! これだけで159かよ。次。」
(S、人差し指についた塩を床に落とし、再び掌の塩を人差し指につけて数える。)
D「……260。……270。……280。」
S「137! 合計で296か。次。」
(それぞれ数え続ける。所々フィルム早回し。)
D「……1430。と、7。ふう、こっちは1437だったぞ。」
S「1742プラス161で1903!」
D「と言うことは、えー、総計3340粒!」
S「終わった!」
D「さてそれで、これは俺の勝ちか? 少なくとも、お前の勝ちではないよな。」
S「250と3340じゃ違いすぎるよ。10倍以上違う。」
D「じゃ、お流れってことで。」
(2人、テーブルの上の金を回収し、背凭れにぐったりと寄りかかる。)
S「ああ、疲れた。塩の粒って案外細かいんだな。」
D「……スープが……冷めてる……。」
S「目玉焼きも、冷めて固くなってる。」
D「……スープも……ぶりぶりに固まってる……。」
(D、スプーンでスープの表面をぺちぺちと叩いた後、スープ皿をSの方に押しやる。)
S「塩、3340粒入れてよ。ここに。」
D「もう数えたくない……。」
(目を閉じて頭を後ろに倒すD、塩のビンに手を伸ばすS。)
(Chit Chatのロゴが右から左に流れる。軽快な音楽。)
(DとSの前にはコーヒー。コーヒーを飲みながら新聞を読むD。ガラスに向かって口を開けるS。)
D「……何してるんだ、さっきから。」
S「いや、塩分摂りすぎて、唇が腫れちゃって。」
D「相当な量かけてたもんな、塩。それと、ウースターソースとマスタード。」
S「(ガラスに向かって百面相をしながら)いや、あれは、ここの日替わりスープのある種の完成型だったね。」
D「そうか?」
S「(定位置に戻って)ウースターソースとマスタードを加えてこそのグリーンピースのポタージュだってこと。」
D「ああ確かに。緑だったスープが、茶色に黄色の渦んなった時にはどうなることかと思ったけど、一応人間の食い物の味にはなってたな。」
S「だろ? 料理のセンスはね、俺これでも結構自信あんのよ。コレ、コレもんで!」
(と、S、フライパンを反す仕草。)
D「何だそりゃ、新しいダンスか?」
S「失礼な。中華鍋振ってフライドライス作ってんの! 俺、学生時代のバイトがチャイニーズのケータリング屋だったから、中華はお手のものなの。」
D「そりゃ初耳だな。」
S「初めて言ったもん。でね、そこの店のオヤジが俺の才能に惚れ込んじゃってさ、学校辞めて後を継がないかって誘われたんだけど……あ、来た!」
(S、テーブルをバンバン叩き、Wが来る前にDと自分のコーヒーカップの位置を交換。W、来て、Sの前のカップにお代わりを注いで去ろうとする。)
S「(Wのエプロンを掴みながら)待って! 待って! あっちにも!」
(W、オウ、とSの手を叩き落とし、忌々しそうにSのカップに少量のコーヒーを注いで去る。D、黙ってカップを交換する。)
S「何でわかったんだ? 俺とあんたのカップが入れ替わってるって。」
D「カップの色が違うからだろ。俺のはブラウンの縞模様で、お前のはブルー。」
S「あ……気がつかなかった。もしかして、いつもそう?」
D「いつもは知らん。だが、今日はそうだ。」
S「もしかして、一人一人決まってんのかな、色。」
D「さあな。」
S「何色あるんだろ?」
(S、辺りを見回す。)
S「えーと、白地にブラウン、ブルー、黄色、赤……4色か。で、あんたがブラウンで、俺がブルーなんだね。」
D「決まってはいないんじゃないか? わざわざ選んで使うの面倒だろう。ランダムに持ってきて、テーブルに置いた時点で覚えると見たね。」
S「じゃあ、コーヒーが来た時点で、ささっと取り替えておけばいいわけだ。で、お代わりの段階で戻す。」
D「何のために?」
S「俺がお代わりを貰うためさ!」
D「ちょっと待て。それじゃ俺のお代わりはどうなる?」
S「いいじゃん、いつも貰ってるんだから!」
D「そういう問題じゃないだろう。」
S「譲ってくれよ、お代わり権。水分摂らないと、今、俺、塩分の摂りすぎで唇の感覚ないんだもん。あ、よだれ垂れちゃった。」
(S、ペーパーで口を拭う)
D「……『唇によだれ』って、主演誰だったっけか?」
S「何それ?」
D「フランス映画だ。……お前に聞くんじゃなかった。知ってるわけなかったな。」
S「失礼な、知ってるさ、フランス映画くらい。こう見えても、ヌーベルバーグにゃ一家言あるんだぜ。」
D「ほう。」
S「(ちょっと考え込んで)そうさなあ、『唇によだれは』……あ、あれだ、シャルロット・ゲーンスブール!」
D「……そんなに新しい映画だったか?」
S「そうだよ、そう。監督がリュック・ベッソンで、えーと、共演がジャン・ポール・ベルモンド。音楽はセリーヌ・ディオン。」
D「ものすごく俗な映画だな、それ。」
S「いいんだよ、どうせよだれ垂らすだけの映画なんだから。」
D「誰が?」
S「えーと、あれだ、『ハイランダー』の人。」
D「クリストファー・ランバートか。さっきのキャストにいなかったが。」
S「いい芝居してるんだけど、チョイ役なんだよねー。彼がね、よだれ垂らしてんの。」
D「……それで?」
S「で、エマニュエル・ベアールがね、“ちょっと、よだれ垂らすのやめなさいよ!”って言う。」
D「……エマニュエル・ベアールは何の役だ?」
S「彼女は、あれだ、よだれを咎める女。」
D「役名はないのか?」
S「うん。チョイ役だから。」
D「チョイ役の話はいいから、メインの登場人物について教えてくれよ。」
S「メイン……って、誰だっけ。」
D「シャルロット・ゲーンスブールだ。お前の説によると。」
S「そうそう、シャルロット。彼女はね、タクシーの運転手。」
D「ほう。」
S「それが、すんごい速いタクシーで、目にも止まらないんだよ。」
D「停めにくいな。」
S「そう。なかなか停まらないから、商売はいつも上がったり。……って、どうよ、ヌーベルバーグっぽいだろ?」
D「確かに、チョイ役の男がよだれを垂らして、チョイ役の女がそれを咎めて、たったそれだけのことが映画のタイトルになっているってのはヌーベルバーグっぽい斬新さがある。」
S「だろ?」
(S、満足そうに笑う。)
D「リュック・ベッソンとタクシーという繋がりも、正しい。しかし、だ。」
S「しかし? 何かまずいことでも?」
D「ああ、まずすぎだ。リュック・ベッソンはヌーベルバーグじゃなくて、ヌーベル・ヌーベルバーグ派の監督だ。」
S「ヌーベル・ヌーベルバーグ? 何それ?」
D「ニュー・ニューウェーブってこった。ヌーベルバーグ即ちニューウェーブよりもさらに新しい。生活臭のないキッチュな人工的空間、強烈なまでに誇張されたポップな物語が特徴だ。ヌーベル・ヌーベルバーグの口火を切ったのが、ベネックスによる1981年の『ディーバ』。お前、見たか?」
S「ええと、『ディーバ』って、えー、壁に車が刺さってるやつ?」
D「かなりマニアックな記憶だが、間違っちゃいないな。クールな映像だったろ?」
S「クールって言うか、非日常的だったな。それと、ああ、あのシーン、好きだった。」
D「ディーバと主人公の青年がデートしてるシーンだろ? あれは実に美しかったな。『シベールの日曜日』を彷彿とさせるものがあって、ヌーベル・ヌーベルバーグという括りの中に入っていても、やはりフランス映画なんだって確信したよ。」
S「じゃなくて。レコード屋で万引するやつ。自分のヌード写真が入ったバインダーに、盗んだレコード隠すの。あれ、俺もやろうかと思った。」
D「自分のヌード写真入れて?」
S「それはなし。俺のヌード写真なんて、鶏ガラの写真と大差ないし。」
D「鶏ガラの方がまだ美味そうだ。」
S「それから、あの殺し屋。“何々は嫌いだ”っていっつも言ってた奴。あれも、いい味出してたね。」
D「俺はどうも、あの2人組の殺し屋が『シャレード』の殺し屋たちと混ざるんだ。エレベーターのせいもあるのかもしれんが。」
S「は? 『シャレード』? それもヌーベル・ヌーベルバーグ?」
D「何言ってんだ、物語の舞台はパリだが、スタンリー・ドーネン監督、音楽はヘンリー・マンシーニ、主演オードリー・ヘプバーンのあれだよ。」
S「あれって言われても、俺、それ知らない。」
D「映画は見てなくても、音楽は聞いたことあると思うぞ。音楽と言えば、『ディーバ』のあの曲もよかったな。」
S「ああ、あのオペラっぽいの。」
D「オペラのアリアだよな。何て曲だったっけか……。」
S「知らない。」
D「んー……ダメだ、思い出せない。あとで調べておいてくれ。」
S「俺が? どうやって?」
D「CD屋へ行って、映画音楽のコーナーで『ディーバ』のCDを探せばいいだけだ。」
S「わかった、明日はCD屋行く時間あると思うから、探しとく。」
D「どうした? やけに素直だな。」
S「うん、俺も映画音楽で1つ探したいのあるし。」
D「ほう、何て映画のだ? 事によると、俺が既に持ってるかもしれんぞ。」
S「あ、そしたらCD貸して。映画のタイトルはね、『アタック・オブ・ザ・キラー・トマト』っての。」
D「あれか。」
S「そう、あれ。CD持ってる?」
D「いや、あれはない。」
S「だろうと思った。あんたがあの映画のことを知ってたってだけでも、俺は幸せだ。」
D「あの続編見たか?」
S「見てない。続編なんてあんの?」
D「2、3あったと思う。1つは、キラー・トマトがフランスで大暴れする話だった、かな?」
S「ヌーベル・ヌーベルバーグ?」
D「まさか。」
S「……トマト食べたくなってきたな。オイスターソースで中華風に炒めたやつ。」
D「オエッ。トマトは生で塩!」
S「塩はもういいよ。」
D「そうだったな。……今日はもう帰るか。」
S「うん。」
(ポケットを探る2人。フェイドアウト。)


ヘルプ・お問い合わせ

(c) 2002 JCYTV - NO RIGHTS RESERVED
close