会社概要利用規約サポートプライバシー会員登録

週間番組表本日のお薦めダウンロードニュースレター

HOME番組紹介バラエティ平日深夜Chit Chat
Chit Chat #4
ケチャップと伝書バトとの関係
S「(貧乏ゆすりしながら)あー腹減った。背骨が腹筋に食い込みそうだ。」
D「落ち着けよ。もうすぐバーガーが来る。」
S「その数分が待てない。砂糖舐めていい?」
(と、砂糖の瓶に手を伸ばす。)
D「やめろ、みっともない。」
S「いいじゃん。このままじゃ、脳に糖分が足りなくって無口になりそうなんだよ。」
(砂糖の瓶を引っ繰り返して振りながら。)
S「あれ? あれ、出ないぞ。」
D「固まってるんだろ。」
S「えい、えい!」
(と、振る。砂糖、どばっと出てSの掌から溢れ、テーブルに小山を作る。)
D「あーあー、言わんこっちゃない。」
(S、幸せそうに掌の砂糖を舐める。D、顔を顰める。)
S「うえっ。」
D「どうした。」
S「やられた。人工甘味料だ。」
(D、砂糖の瓶を見ながら。)
D「ちゃんと読め。スイートン・ロウって書いてある。本物の砂糖の瓶はこっち。」
(D、別の瓶を手に取り、差し出す。S、手やテーブルや膝に落ちた粉をパンパンと払って、受け取る。)
D「おい、振りまくなよ。床で溶けたら靴の裏がニチャニチャするだろ。」
S「平気。スイートン・ロウはそう簡単には溶けない。少なくとも、次回店員が掃除するまでは、粉でいてくれるよ。」
D「この店、いつ掃除してんだか怪しいもんだぜ。大体、掃除してるの見たことないし。」
S「俺も見たことない。けど、この程度の衛生状態を保ってるってことは、2日に1度くらいは掃除してるんじゃない? ……お、来た来た。」
(W、来る。ハンバーガーの皿2枚とコークの乗ったトレイを両手に持ち、片方を出し出す。)
D「あ、ピクルス抜きは俺。」
(W、頷いてDの前に皿を置く。残った方の皿を乱暴にSの前に置き、適当な場所にコークを2つ置いて去る。)
S「おっ、美味そう。」
D「毎度のことながら、炭みたいに焼けてるよな、ここのパテ。」
(2人、しばし無言でケチャップをかける等して自分のハンバーガーを作る。)
S「(マスタードをかけながら)ねえ、ギリアムが婚約したの知ってる?」
D「(パテにケチャップを盛大にかけながら)知らん。ギリアムって誰だ?」
S「俺の同僚。」
D「知るわきゃない。」
S「それがさあ、ギリアムの婚約者ってのがさあ……。」
D「ギリアムの説明はそれで全部か。」
S「うん。取り立てて特徴のない男だし。」
D「何でそんな、特徴もない赤の他人の話を俺にするんだ。」
S「だから先を聞けよ。ギリアムの婚約者ってのがさ、どうやら知ってる奴みたいなんだよ。」
D「ああ、そういう繋がりか。で、相手は誰だ? 俺の知ってる女か。」
S「ルシンダ。ヘソ出してんのに年中ブーツの。こないだ、婚約パーティで会ってびっくりした。向こうもびっくりしてたけど。」
D「ルシンダ!? ルシンダは、あれだぞ、ヴェッキオーネさんの愛人。」
S「だよね。前にそう聞いてたから、俺びっくりしちゃってさ。で、ギリアムはそのこと知ってると思う?」
D「知らん。」
S「やっぱり知らないよねえ。」
D「いや、そうじゃなくて、ギリアムがそのことを知ってるかどうかを俺は知らん。大体、ギリアム本体を知らないんだから、知るわけないだろ。」
S「どうでもいいけど、あんた、ケチャップかけすぎ。パテが真っ赤じゃん。それ、そのままバンズ乗っけて持ち上げて食ったら、絶対垂れるね。」
D「大丈夫だ。こうして……。」
(ゆっくりバンズを乗せ、両手で包むようにゆっくりと押す。)
D「じっくりバンズにケチャップを染み込ませてだな……。」
S「うへ、不味そう。」
D「十分染みたら、こうやって……。」
(片手の人差し指と親指でアーチを作ってバンズを押さえる。)
D「切る。」
(指の間にナイフを入れ、ハンバーガーを真っ二つに切る。)
S「お見事。」
D「そして、もう1回。」
(D、半分になったハンバーガーを、それぞれ2つに切る。)
S「そんなに切ってどうすんのさ?」
D「食うに決まってるだろ。4つに切れば、一口サイズになって食べやすい。」
S「それ、一口で食えんのか?」
D「ああ、一口だ。しかし、ダイエッターである俺は、この4口のハンバーガーを3口しか食べないことに決めた。」
S「3口で4つ?」
D「違う違う、3つだけ食べるんだ。」
S「じゃ、あとの1つはどうすんだ? 俺はいらないぞ、そんな赤いもん。」
D「俺だって、お前の食ってるそんな黄色いのはいらん。」
S「美味いぜ? マスタードの味しかしなくって。」
D「マスタードの味を味わいたいんだったら、ハンバーガーじゃなくてマスタードを頼めばいいだろう。」
S「メニューにマスタードないもん。」
(S、幸せそうにハンバーガーにかぶりつく。ハンバーガーの尻からマスタードがでろりと垂れ、皿の上に落ちる。)
D「お前の味覚、狂ってるんじゃないか?」
S「かもね。俺、ケチャップ嫌いだし。」
D「ほう、珍しい。そんな人間もいるんだな。」
S「うん、いるんだ。トマトもトマトソースも平気だけど、ケチャップだけはダメ。……で、残り1個の真っ赤なヤツ、どうすんの? 廃棄?」
D「持って帰って、窓辺に置いておくんだ。」
S「何のために? 新しいおまじないか?」
D「窓辺にケチャップたっぷりのハンバーガーを置いておけば、今週の金運アーップ! ……てのは冗談で、ハトが食いに来るんだ。」
S「ハト? 鳥のハトか?」
D「他に何のハトがいる?」
S「ま、普通、ハトって言ったら鳥だけどさ。あの、平和のシンボルのハトだろ? 肉なんか食うのか?」
D「食うようだ。ケチャップも。……いや、肉はついでで、ケチャップが目的なのかもしれない。」
S「バンズが目的なんじゃないか? スズメにパン屑やったりするんだし。」
D「カラスは肉食うぞ。」
S「でも、ケチャップだけ置いておいたって、カラスはケチャップ舐めないだろ。」
D「実験したのか?」
S「してないよ。うちにはケチャップすらないんだし。」
D「その実験をする場合、ケチャップの蓋は開けておく必要があるな。」
S「何で?」
D「カラスは蓋を開けられないからに決まってるだろ。」
S「そうじゃなくて、俺は、何でそんな実験するんだ、って意味で聞いたの。」
D「カラスがケチャップ愛好家かどうかを確かめるために。」
S「何でカラス?」
D「カラスは肉を食うことが確かめられているからさ。」
S「それは俺も聞いたことがある。でも、俺たちハトについて話してなかったっけ?」
D「ハトもカラスも同じ鳥類だ。」
S「じゃあスズメで実験した方が穏やかそうな気がするけど。」
D「そうだな、カラスに突つかれたらかなりダメージが高そうだ。」
S「ってかさ、鳥のことだったら、あいつに聞いてみりゃいいんじゃないかな?」
D「テリーか!」
S「鳥ババアでも可。」
D「しかし、奴に相談する前に、1つ俺のエピソードを聞いてくれ。」
S「聞いてやる。」
D「あれは俺がまだ公園の向かいのオフィスに勤めていた時のことだ。」
S「どこの公園?」
D「そこの。」
S「あの辺に勤めてたことあったのか。」
D「あったんだ。当時、ランチは公園のベンチで食べることにしてたんだけどな、天気のいい日は。」
S「俺、雨ザーザーの日に公園のベンチに1日中座ってたことある。」
D「何だと? そんなことしたら風邪引くだろ。何でそんなことしたんだ?」
S「風邪引いて肺炎起こして死ねたらいいのにって思ったから。」
D「でも死ななかったんだよな?」
S「まあね。風邪は引いたよ。そんで、俺の風邪が移って、ガードナーさんが肺炎になって死んだ。」
D「誰だ、それ?」
S「当時仲よかった人。」
D「そりゃ今は仲よくできないだろうしな。」
S「うん。あん時はだいぶヘコんだよ。ブレークさんが死んだ直後だったし。」
D「お前、死神か? なぜお前の周りでそんなに人がバタバタ死ぬんだ?」
S「みんな年だから。」
D「ああ、そっちの方面のオトモダチね。……さて、話を戻すぞ。暗い顔してんじゃない、口の横にマスタードつけて。ある日の昼、俺はハンバーガーを買って、マイ・ケチャップのボトルを横に置いてベンチに座った。」
S「……。」
D「突っ込み入れろよ。」
S「ごめん。えと、マイ・ケチャップなんて持ち歩くなよ。」
D「ありがとう。別にいいだろ、ケチャップ好きなんだから。そして、ハンバーガーにケチャップをたっぷりとかけた。今日みたいにな。そうしたら、どうなったと思う?」
S「ハトが来た?」
D「そうだ、噴水の周りにいたハトが一斉に俺の方にやって来た。それも、徒歩で、だ。クルックー、クルックー、のしのしのしのし。頷きながらな。ありゃあ恐かった。」
S「で、ハンバーガーはどうなった? ハトに食われた?」
D「公園のハトとは別のハトに取られた。」
S「公園のハトとそのハトはどこに違いがあるんだ? 俺にはどのハトもただのハトに見えるけどな。」
D「あれは伝書バトだった。脚に筒がついてたから間違いない。飼いバトのくせに、俺のハンバーガーを丸ごと1個盗んでいったんだ。」
S「丸ごと? どうやって?」
D「ハンバーガーの包み紙がこうあって……。」
(D、正方形を示す。)
D「ここにハンバーガーが乗ってて、こう、くしゃくしゃってなってるだろ。」
(架空のハンバーガーを包装紙で包む素振り。)
D「で、こう開いて、こう持つ。」
(片手でハンバーガーを持っている振り。)
D「この紙の端のところを、うまくクチバシと足で掴んでいったんだ。」
S「それ、飼い主に命令されたんじゃないか?」
D「ハンバーガー取ってこいって? 犬じゃあるまいし、伝書バトは手紙を届ける程度のことしかできないだろう。」
S「じゃあハトの自由意志で?」
D「ああ、多分な。どこかの国では、コンドルがトーフの加工品を盗むらしい。」
S「トーフ? ブラマンジェみたいなやつだよな。それを鳥がどうやって盗むんだ? 容器ごと?」
D「詳しいことは俺も知らん。恐らく、器用なんだろうよ。」
(Chit Chatのロゴが右から左に流れる。軽快な音楽。)
(ダイナーの窓越しに、道端に置かれた真っ赤なハンバーガー1/4のアップが3秒。少しパンして、真っ黄色なハンバーガー1/5のアップが3秒。後、いつものアングルに戻る。)
(S、時計を見ながら。)
S「来ないじゃん、鳥。」
D「ああ、来ないな。」
S「やっぱりケチャップ多すぎるんだよ。あんたのバーガー、ここから見ると、血まみれの小動物の死体にしか見えないもん。」
D「お前のバーガーこそ、金髪の部分カツラに見えるがね。大体、マスタードの刺激臭が動物を遠ざけてるんだ。俺のだけなら、もう今ごろは鳩がダース単位で来て、くちばしを真っ赤に染めて歓喜の歌を歌っているはずだね。」
S「そうかなあ。」
D「まあ黙って見てろ。急いては事を仕損じる。人事を尽くして天命を待てだ。」
S「何それ。」
D「東洋の言い伝え。前者は、急ぐと碌なこたあないって言う意味で、後者は、やるだけやったらあとは神に任せろっていう意味だ。」
S「神って言うより、鳥任せだけどね。」
D「同じようなもんだ。」
S「神と鳥が同じようなもの? どの辺が?」
D「どっちも思い通りにはならない。」
S「大雑把な括りだな。」
D「そうかな、洒落た喩えだと思ったんだけどな。」
S「その括りで言うと、俺の顧客のほとんども神と同じようなもんってことにならない?」
D「思い通りにならないのか、顧客。お前、苦労してるんだな。」
S「もう大変よ。今日なんて、朝8時の約束でパーネヴィックさんの家に行ったんだけどさ、途中でローランドさんに見つかっちゃって、一悶着。」
D「ほう。」
S「わかってはいたんだよ。その通りにはローランドさんちがあるから、朝は気をつけなきゃいけないって。でもさ、パーネヴィックさんも急いでたし、俺も直行だったから、自分の車で行ったじゃん? まさか見つかるなんて思わなくてさ。」
D「でも見つかってしまったと。」
S「そう。足音立てないように何とかローランドさんちを通り過ぎて、パーネヴィックさんちの裏口に張りついた瞬間、ローランドさんちのバカ犬に吼えられて、パー。グラサンかけて変装までして行ったのに。」
(D、窓の外を見ながら。)
D「ほほう。」
S「大体ローランドさんの担当は元々は俺じゃなかったんだよ。それをカーラが……カーラってほら、覚えてるよな、ボーリング大会であんたと同じチームで、こう、手の甲を前にした変なスピン玉投げる子ね。そのカーラがさ、人の名前のスペル覚えないんだよ。」
D「ほう。」
(D、聞いちゃいない。)
S「だから、覚えてるのは俺の苗字とケンの苗字くらい。日本人2人に至っては、名前が混ざっちゃって、どっち宛ての指示書かわかんないものが上がってくるわけ。サナダとタナカなんだけど、タナナとか、サナカとかサダナカとかサダムとか、適当書きやがるのさ……。」
D「(小声で)来た来た!」
S「何? 鳥?」
(2人、窓の外に注目。)
D「あれは……。」
S「猫だね。」
D「少なくとも鳥ではないな。」
S「間違いなく猫だって。匂い嗅いでる。」
D「俺のバーガーの周りを前足で掻いてるぞ。」
S「あれは、臭いものを埋める仕草なんだって。猫って糞を砂に埋めるじゃん。あの動作がそれ。」
D「俺のバーガーが糞レベルだってことか?」
S「そうなんじゃない?」
D「今度はお前のバーガーの匂いを嗅いで――」
S「……逃げてったな。」
D「一目散でな。……お前、猫飼ってるんだっけ?」
S「何も飼ってないって前に言ったろ。」
D「そうだったか? じゃ何で猫の行動に詳しいんだ? 実はダイアンの猫を密かに可愛がっていた過去があったとか?」
S「パーネヴィックさんちやガードナーさんちにいたからさ。」
D「うん、お前がその2軒にいただろうってことは、話から推測できる。で、それと猫の糞と何の関係が?」
S「いたのは俺じゃなくて猫! 俺もいたこたいたけどね。」
D「ああ、ああ、なるほど、猫な。お前、猫のシモの世話までしてたのか?」
S「猫は俺の担当じゃない。動物の係がちゃんといる。もとい、いた。」
D「死んだのか?」
S「まだ。もうちょっとってとこ。」
D「何だよ、それ。今、危篤状態なのか?」
S「いや、危篤じゃないけど。話しただろ?」
D「どの話の誰――お、来た来た!」
(D、窓の外に顔を向け、テーブルの上のSの前腕をバンバン叩く。)
S「どれ?」
D「鳥だよ、鳥!」
(D、さらにバンバン叩く。が、Sは腕をその場所からどかす。)
(Wが来て、Dのカップにコーヒーを注いで去る。)
S「ホントだ、鳥だ、飛んでる飛んでる!」
D「俺のバーガーの上でグルグルパタパタ飛んでるぞ。」
S「蝶みたいに飛んでるね。ハチドリかな?」
D「いやあ、あの飛び方はハチドリじゃなくて……。」
S「じゃなくて、何?」
(D、座り直してSの方を向き、視線をSから外してコーヒーを啜る。そして溜息。)
D「ハチドリじゃなくて、あれは……コウモリだ……。」
S「コウモリィ?」
D「よく考えてみようじゃないか、スティーブ。今、何時だか知ってるか?」
S「0時ちょい前。」
D「鳥ってのは、フクロウやミミズク以外、夜目が利かない。したがって、この時間、鳥と言ったらフクロウかミミズクくらいしか活動していない。ハトやカラスやスズメは、現在、ぐーっすりとお休みになっておられる。」
S「ってことは、今いくらハンバーガーを眺めていても、フクロウ、ミミズク、コウモリ、猫以外は現れない、と。」
D「ネズミも来るかもしれんが。人も。」
S「でもさ、俺の気のせいかもしれないけど、コウモリ、ケチャップ舐めてる。」
D「何だと?」
(D、窓にへばりつく。)
D「おおおお、舐めてるよ舐めてる。美味そうに。」
S「あ、2匹になった。」
D「超音波で仲間を呼んだんだ。“美味いものがあるぞ、キーキー”って。」
S「俺のバーガーには見向きもしないな。」
D「食いもんじゃないって判断したんじゃないか?」
S「マスタードは大人の味だから、コウモリにはまだ無理かも。」
D「まだってことは、いつかコウモリも年を取ればマスタード好きになるかもしれないって言ってるのか、お前。」
S「そういうわけじゃ――危ない、車!」
(窓の外、ハンバーガーのある辺りを車が通過する。その途端、窓に赤いものが降りかかる。)
(D、窓ガラスについた赤いものに目を向ける。)
D「これは……ケチャップか?」
S「もしくは、コウモリの血……だな。」
D「超音波で、車が来るのを感知できなかったんだろうか?」
S「きっとケチャップに夢中になりすぎたんだよ。」
D「……俺は今、途轍もない後悔の念に駆られている。俺のせいで、2頭のコウモリが、その無垢な命を落としてしまった。俺が彼らにケチャップの味を教えてしまったばっかりに……。」
(D、テーブルに顔を伏せる。)
S「たかがコウモリ2匹じゃん。くよくよすんなって。オネエさーん、コーヒーお代わり! あと、窓が汚れたから拭いといて!」
(明るい顔で、Sが空のカップを振る。)


ヘルプ・お問い合わせ

(c) 2002 JCYTV - NO RIGHTS RESERVED
close