Allman関係の書籍

The Complete Allman Brothers Band Discography
Dean Reynolds著 2001年発行

"For Collector Only"とでも言うべきAllmansのレコード、CD、カセットやその他もろもろに関するアイテムとしての百科事典が出た。この本を見ていると不思議とバンドの歴史が見えてくるので、自分の興味のない時代でもけっこう面白い。日本の当時の広告も何ページかに渡って載っているので、アジアの国でありながら昔から洋楽に対しての認識が深かったんだなーと改めて感じる。私としてはいろいろな発見があり、とても重宝している。一応、限定版みたいなので、欲しい方は早めに購入した方が良い。まだ在庫はあるみたいだが、こういった本は得てして在庫がなくなった途端に値が急騰したりするので悔いのないように。もちろん2001年の時点では日本語版は出ていない。英版のみ。注文はコチラ

ローリングストーン/1974年2月号
ローリングストーンジャパン株式会社 1974年2月1日発行

 Brothers & SistersでAllmansが一躍、全米の頂点を登り詰めた時の特集である。Allman Brothersストーリーを書いたのが、当時16才だったキャメロン・クロウで、同時に載ったもう一つの記事はDuaneの死の直後で(アメリカ版で)、バンドからは大変不評をかった記事である。ここでは、この雑誌が現在では入手困難である事と、記事の重要性を考え、内容を転載しました。もし、クレーム等があった場合、即刻削除しますので、興味のあるかたはお早めにお読みください。
<左の写真をクリックすると本文が読めます>

オールマン・ブラザーズ・バンドのすべて
〜スライド・ギター&ツイン・リード・ギター奏法の徹底的研究〜
編著者:伊藤銀次、村松邦男
発売元:リットーミュージック
発売年:不明(おそらく1975年頃)
ページ数:A4変版93ページ

私はまったくこの本の存在を知りませんでしたが、三浦さんより、貴重な情報をいただきました。この本の紹介は三浦さんの文章より引用させていただきます。ありがとうございます。
(引用)
内容は、ギターソロの楽譜(TABがまだ無いようです)を中心に、レコード解説やスライド奏法の解説や「エリザベス・リードの追憶」「ジェシカ」のバンド譜などで構成されています。

"ALLMAN BROTHERS BAND-Midnight Rider"
スコット・フリーマン著/菅野影子 訳
音楽の友社  1997年5月10日 発行

 Allmanの書籍と言えばこれしかない。この本はなかなか、せきだらにAllmansの歴史を語っていて、ファンならばかなり楽しめる。付録の資料はあまり役に立たないが、内容はなかなか面白い。DuaneやBerryの事故の時の模様やAllmansが解散を決めたGreggの裁判等、なかなか克明に描いている。しかし、予想以上にドラッグ・バンドだったのにはちょっとビックリしたなぁ。興味のある方は早めに購入された方が良いかと思う。こうゆうバンドのものは得てして廃版になるのが早い。

レコードコレクターズ増刊/アメリカンロックVol.1
ミュージック・マガジン社 1992年12月25日 発行

 とても便利な雑誌の"レコードコレクターズ"をテーマ別にまとめ、出版されたもの。この増刊号のVol.1と2があれば、アメリカンロックに入ろうとされる方にはとても便利が良い。この中のサザンロックの中にAllmansは紹介されている。アルバム紹介はもちろん、それぞれのソロセッションについても記されているので、とても重宝する。

LOST AND FOUND/Vol.1 "SLIDE AREA"
リットーミュージック社 1999年1月15日 発行

 去年の暮れに発刊されたこの雑誌の最初の特集は、アメリカンロックを愛する者にはたまらない企画だった。燦々たるスライド・ギタリストの特集がくまれ、そしてその中身は濃いものだった。もちろんDuaneの特集もあり、インサイド・ストーリーも盛り沢山。何よりも面白かったのは名盤"At Fillmore East"製作過程を明らかにするトム・ダウドのインタビューだった。その他にも滅多に特集を組まれる事のないJesse Ed Davisの記事等読み所はたくさんだ。

GUITAR MAGAZINE/1998-AUG
リットーミュージック社  1998年8月1日 発行

 この時の特集は16ページのものだったが、かなり中身の濃いものだった。Allmansストーリーはもちろんの事、DickeyやGreggのDuaneへの想いが語られたなかなか面白い話しも聞ける。中にはここでしか見られない写真もあり、とても貴重だ。まだもたれてない方は古本屋さんに急げ!

オールマン・ブラザーズ・バンド・ベスト
シンコーミュージック
社 1990年10月23日 発行

 これは別に書籍ではない。これはバンド・スコアだ。収録されている曲名は以下の通り。Whipping Post, Don't Keep Me Wondering, Midnight Rider, Statesboro Blues, Hot'anta, One Way Out, Stand Back, Wasted Words, Ramblin' Man。
 これがあると、とりあえず便利。それと珍しいのが、ここでは見にくいが、表紙の写真はAt Fillmoreのアウトテイクだ。これはFillmore Concertとの写真とも別テイクで、今だに私は他で見たことがない。

<< Back
close