「 AFROSTYLE 」 digital EP NEW RELEASE ! !

AFROSTYLE主宰のDJ mitsugu a.k.a ミックが、2011年4月17日に、日本発のトライバルダンスミュージックレーベル「TOTEM TRAXX」より6曲収録のデジタルEP「AFROSTYLE」をリリースしました。
http://totemtraxx.com/releases/mick-afrostyle/

※ 4/17より、itunes , beatport , junodownload , amazon , KINGBEAT , TRAXSOURCE , wasabeat などで買えますので、是非とも覗いてみてください。
↓で聴けますので。
http://soundcloud.com/djmitsugu/sets/afrostyle-dj-mitsugu/


< EP「AFROSTYLE」の レビュー >
楽曲を聞いて、僕にとって2つ再認識させられたモノがありました。
@リズムパターンやリズム楽器を突き詰めることによる、バリエーションの可能性
Aベースライン不在で成立する世界観
叩く、振るだけではなく、人間の声、動物の声によるリズムの造成はここまで豊かな表現になるとは思っていなかったし、ベースラインもリズム楽器であるから、それを5/6曲も使わずに時間軸を構成出来るのは、"技"と言わずに何と言えるだろうか。
"リズム"への畏敬を感じさせる作品です。

from
Yukinari Iwata ( SPECTA / Flat Three )

................................................................................................................................................................................................


His root gathers in this EP. I drop all tracks to the floor. All my
favorite track!

from
Satoshi Otsuki ( Circoloco Japan / WOMB )

................................................................................................................................................................................................

アフログルーブとハウスの新たなる出会い!
今後このアルバムがアフログルーブの一つの基準になる事は間違いない!!
6.Children chantはマジでキラーですっ!!

from
Boss ( JariBu Afrobeat Arkestra )

................................................................................................................................................................................................

@赤土の大地を思わせるような、荘厳な一曲。砂ぼこりが舞う感じも伝わる。
A熱帯雨林で自然に聞こえているであろうアンサンブル。
雨粒が水面で弾かれるようなパーカッションが心地よい。
B火を囲み古くから繰り返されて来た踊り。
その音の中には、様々な生き物や精霊の声が聞こえてくるようだ。神聖なリズム。
Cシタールとドラムのリズムが宇宙と大地の様に影響し合って共存している。
どこか感情に訴えかけてくるのだ。
D笛の音が、聴くものを焚火のけむりのように、天高く高揚させてくれる。
それは大地で声とリズムが鳴り響いているから。天と地を行き来出来る。
Eまさに未来への祈り。力強く生命力に満ちたグルーヴが腹の底に心地よい。
細胞レベルにまで高揚感が伝わる。

from
yu-ji933 ( JariBu Afrobeat Arkestra (conga&agitator) )

................................................................................................................................................................................................

かっこいい!
メロディックかつパーカッシヴな音がすごい気持ち良く、シンプルにノれる音。
リズムのラインも、羅列ではなく、アフロ、ラテン系のツボをついたおいしい感じが出ているし、だからといって囚われすぎていない、多国籍なイメージがすごく好き。
ぜひ良い音の場所で聞きたい。

from
にしやまん ( professional Djembe PLAYER )

................................................................................................................................................................................................

灼熱の太陽の下、大地を踏みしめながら踊る褐色の肌と汗。
骨っぽく野生的なエネルギーを繊細にコーティング。
黄金の満月の下、燃え上がる炎と雄叫びのダンス。
秘境の地で行なわれるリズムの共鳴と躍動感。
パーティーは続く。

from
田口将之 ( muff / Rhythm9 )

................................................................................................................................................................................................

全曲がDJ mitsugu a.k.a ミック節全開のアフロサウンド!
アフリカの大地が見えてきた!
さあ、みんな踊ろう!

from
DJ 七福 ( 太鼓JAZZ / BOGOS!! )

................................................................................................................................................................................................

民族音楽、ハウスミュージック好きはもちろん、知らない人でも聴いたらきっと好きになる。
上手くツボをついている。
今までありそうでなかったジャンル。
貴重な6曲ではないだろうか。

from
イスマエラ ( far hook / sabar dancer )

................................................................................................................................................................................................

再生ボタンを押した瞬間、アフリカに旅行に行ってる気分になる。
アフロビートとは何か。
遠くアフリカの大地で生まれ、そこに生きる様々な種族の喜び悲しみ。
火を囲みながら毎晩のように繰り返し行われる宴。
時に激しく、時に切なく。
アフロビートとはなにか。
この作品を全曲聞いた後、必ずその答えは見つかります。

from
PiRO ( no entry / less quantic / Queen'sE99 )

................................................................................................................................................................................................

打たれるキック、打ち鳴らされるパーカッション。
カラダが感じるままに、汗を飛ばしながら、激しく踊る。
人間の本能に一歩近づく事のできる6曲。

from
DJ Manabe ( St. Bitch / meat pie )

直線上に配置

トップ アイコン
トップページヘもどる

close