メルセデス・ベンツSクラスW140 (ハイパーレブインポート-型式別・輸入車徹底ガイド- (Vol.07))



トヨタ・スターレット (ハイパーレブ―車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ)メルセデス・ベンツSクラスW140 (ハイパーレブインポート-型式別・輸入車徹底ガイド- (Vol.07))メルセデス・ベンツカスタム&チューニング (Special cars)トヨタハリアー―Style RV (No.2) (News mook―RVドレスアップガイドシリーズ)日産らしさ、ホンダらしさ―製品開発を担うプロダクト・マネジャーたちDUCATIカスタムパーツBOOK―ドレスアップからパフォーマンスまで気になるパーツを完全網羅 (エイムック (732))ISO/TS 16949入門 (やさしいシリーズ)新型ウイングロードのすべて (ニューモデル速報 (第367弾))カーエレクトロニクス用プリント配線板入門夢と感動の車社会「コバック・ウェイ」


メルセデス・ベンツSクラスW140 (ハイパーレブインポート-型式別・輸入車徹底ガイド- (Vol.07))
メルセデス・ベンツSクラスW140 (ハイパーレブインポート-型式別・輸入車徹底ガイド- (Vol.07))

ジャンル:
セールスランク:168461 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 2,835 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

W140の真実

この本のシリーズはいずれもこれからを購入を考える者や、その車を知りたい者にとって道しるべとなるようで愛読しています。
W140は、巷ではとても環境無視の傍若無人の代表選手みたいに見られていますが本当の車好きに取っては価値ある歴史の1台だと思います。
それは、長いメルセデスの歴史においてSクラスとして育まれてきた歴史から生まれるものでしょう。
購入ガイドとして、メルセデスの資料としてよきパートナーとなると思います。
この本を迷うようではW140には乗れない

まず、発売されてかなり経つので販売店、修理店の資料が古いのがネック。
しかし、もはやW140自体の特集が少ないので、本気でこの車種が好きなら買うべき。
と言うか、これを読む手間を躊躇するようならW140に手を出すのはやめた方がよい。
この一冊を暗記すれば、ここ最近コンディションがシビアになってきているW140の広告に対する見方が変わるかも知れない。
少なくとも100万円以下の物件に手を出す事はなくなると思われる。
W140を5年以上乗りたいと考えるなら買って損はないだろう。
また、この本だけには限らないが、S600に対する評価は厳しいものとなっている。
しかし、S320やS500は敷居は少し高いメルセデスという印象で収まると思われる。
中古車購入ガイドとはなり得ないかな?

タイトルにはそのように書きましたが、W140に関し、これほど詳しい書物は初めての体験でした。ただ、やはりW140は庶民の乗るクルマでは無いのかな・・・と実車購買意欲はややダウンしました まあ、あくまでも個人的にです 写真もかっこいいし、図鑑的な意味合いの本としては最高です
W140に詳しくなれる

W140の購入予定のある人は必見。前期、中期、後期型の装備や長短所が詳しく書いてある。
またアクセサリ類の紹介も豊富。
定番トラブルも実態に沿って紹介されている。
整備工場(電装、一般整備修理)紹介軒数がもっと多いと良いと思う。



ニューズ出版
輸入車に安心して乗る方法―メルセデス・ベンツ (タツミムック)
ベンツで天国ベンツで地獄―誰にも書けないメルセデスベンツの裏話
メルセデス・ベンツCクラスW202 (ハイパーレブインポート-型式別・輸入車徹底ガイド- (Vol.04))
メルセデス・ベンツEクラスW210 (ハイパーレブインポート-型式別・輸入車徹底ガイド- (Vol.05))
メルセデス・ベンツSLクラスR129 (News mook―ハイパーレブインポート-型式別・輸入車徹底ガイド-)







         
         

         
         

close