2005年7月上旬に、Voiceの零を中心に企画型セッションバンドとして結成。
バンドコンセプトを「生きる為の絶望・希望が故の死」という、一見暗そうなコンセプトの下、六本木スーサイドという"伝える為の手段"を通じて活動を開始。
コンセプトから推測されるような暗さはライブ自体にはあまりなく、コンセプトは裏を返せば、"乗り越えるべき壁"であり、人間の課題である"生きる"事について深く掘り下げた内容で活動を展開中。
8月27日鹿鳴館をもってbassれんA脱退。Guitarのjinがbassに。
下手ギターに「舞沙」加入
優脱退


戻る

close